ゼンリングループとDiDiモビリティジャパンが業務提携、ナビゲーションアプリ「Z-NAV」がタクシーで利用可能

DiDiモビリティジャパン株式会社、株式会社ゼンリンおよび株式会社ゼンリンデータコムは、日本市場における事業拡充を見据え、業務提携を実施した。

第1弾として、ナビゲーションアプリの共同開発を行い、DiDiモビリティジャパンが提供するタクシー配車プラットフォームのドライバー用アプリ「DiDiドライバー」内で、ゼンリンデータコムのナビゲーションアプリ「Z-NAV(ゼットナブ)」の利用が可能になった。これにより、タクシー配車プラットフォーム「DiDi」を搭載したタクシーは、ゼンリン製地図を活用したナビゲーションを利用できる。

Z-NAVの特長として、乗客の位置に応じて乗客が乗車しやすいよう、可能な限り道路の左側に到着するルートを案内したり、事故につながりやすい細い道路の通り抜けを抑制し、幹線道路など走行しやすい道路を優先したルートを案内することができる。

また、最高速度制限や一時停止などの交通規制情報・方面看板やリアル3D交差点画像、高速道路の出入り口画像などの表示・方面看板やリアル3D交差点画像、高速道路の出入り口画像などの表示・VICS渋滞情報の表示・ETA(目的地到着予測時間)など、さまざまな機能を活用できる。

Previous

立命館アジア太平洋大学とグルーヴノーツ、学生の個性をAIで可視化する「教育現場でのAI活用プロジェクト」を発足

国循とソフトバンク、ビッグデータおよびAIを活用した循環器病対策の研究開発に向けて包括連携協定を締結

Next