アクロクエストテクノロジー、Elastic APMを活用した「ホワイトボックス型アプリケーション性能診断サービス」の提供開始

システム開発/運用の現場で、適切な性能監視や性能改善を実施するには、高度なスキルが必要とされている。その理由として、アプリケーション数の増大やシステム構成の仮想化などがあげられるが、現在、このように多様化した環境に対応できるスキルを有する人材の確保が難しい状況となっている。

また、ITシステムが急速に拡大・高度化する時代となり、アプリケーションの性能は、顧客体験や業務効率を大きく左右する要因となっている。

そのような中、アクロクエストテクノロジー株式会社は、アプリケーションのパフォーマンス監視ソフトウェア「Elastic APM」を活用した「ホワイトボックス型アプリケーション性能診断サービス」の提供を開始した。主な特長は以下の通り。

  1. アプリケーション内部動作の情報を収集・解析
  2. 診断に必要なメトリクスを、ソースコードに大きな変更を加えることなく(設定のみ、もしくは、わずかな拡張により)収集し、ホワイトボックス的にアプリケーション内部の動作を解析できるようになる。これにより、人手による調査・解析が必須であった作業が不要となり、効率的に問題の解析を進めることができる。

  3. 性能ボトルネックや不適切な処理がひと目でわかるレポート
  4. APIの情報や、システムのサーバー構成などの情報から分析方法を検討し、エージェントのセットアップから報告書作成まで一括して実施する。遅いAPIの特定、アプリ動作に影響のあるリソースの特定、負荷テスト時のボトルネックの特定など、対応が必要な性能リスクとなる箇所を5段階で評価する。さらに、問題の箇所もソースコードレベルで特定できるため、それらの問題にピンポイントで対応することが可能になる。

  5. 豊富な実績・ノウハウによる診断サポート
  6. 豊富な導入実績・ノウハウを持つアクロクエストテクノロジーのエンジニアが、適用・診断を行う。

アクロクエストテクノロジー、Elastic APMを活用した「ホワイトボックス型アプリケーション性能診断サービス」の提供開始
分析画面サンプル1
アクロクエストテクノロジー、Elastic APMを活用した「ホワイトボックス型アプリケーション性能診断サービス」の提供開始
分析画面サンプル2
なお、同サービスの標準価格は100万円からである。

Previous

IoT人気記事ランキング|生活者のための家電進化ーIFA2019レポートなど[9/23-9/29]

NTTコミュニケーションズ、サブスクリプションビジネスに必要な機能を提供するSaaS「Subsphere」提供開始

Next