パイオニア、自動運転関連の事業会社「パイオニア スマートセンシングイノベーションズ株式会社」を設立

パイオニア株式会社は、2020年以降の本格的な量産を目指し、MEMSミラー方式の3DLiDARセンサーの開発を進めている。3D-LiDARセンサーは、レベル3以上の自動運転の実現や物体認識・データ収集で活用されており、パイオニアは昨年より2018年モデルを提供するとともに、3D-LiDARセンサーを活用した「物体認識アルゴリズム」および「自車位置推定アルゴリズム」の開発を行っている。

そのような中、パイオニアは自動運転関連事業を担うスマート&オートノマスモビリティ事業グループの事業活動を承継する新会社「パイオニア スマートセンシングイノベーションズ株式会社」(以下、新設会社)を新設分割により10月1日に設立する。設立当初の資本金等は1億円(パイオニア株式会社100%)である。

新設会社は、光学装置、電子装置、機械、ソフトウェア、器具の企画、研究、開発、製造、制作および販売を行う。特に、3D-LiDARセンサーを核としたセンシング技術を軸に、パイオニアグループの自動運転関連事業を推進していく。

Previous

NTTコミュニケーションズ、サブスクリプションビジネスに必要な機能を提供するSaaS「Subsphere」提供開始

IDC、スマートフォン市場は5Gおよび新興市場により2019年後半から2020年にかけて回復の兆しと発表

Next