KDDI総合研究所、青色LED光無線通信技術を用いた海中のスマートフォンとの通信実験に成功

近年、海中での作業やレジャーのための無線通信の必要性の高まりとともに、水中での低遅延・大容量の無線ネットワーク構築への期待が大きくなっている。現在、水中では音波による無線通信が一般的だが、伝送速度が限られており、動画像などの情報量の多いデータのリアルタイム通信には適していない。

そこで、水中でも低遅延・大容量の無線通信が可能な、LED光無線通信技術に期待が寄せられている。LED光無線通信技術は、従来、専門家の間では認知されており、大規模な設備での検証は進んでいるものの、一般の認知度は高いとは言えないものだった。

そして今回、株式会社KDDI総合研究所は、スマートフォンの新たな利用シーン創出を目的として、2019年9月、静岡県沼津市沿岸にて青色LED光無線通信(※1)技術を用い、防水対策を施した海中のスマートフォンから陸上に向けたライブ映像の配信と、陸上から海中のスマートフォンに向けたSNSメッセージ配信の実証実験を行い、成功した。

水中での光無線通信が可能な距離は、水の濁りによって変わる。同実証実験では、青色LED光無線通信装置(太陽誘電株式会社の試作品)を使って海面から水深5メートルまで光無線通信が可能であることを確認したうえで、防水対策を施したスマートフォンを接続し、海中から陸上に向けたライブ映像の配信(VistaFinder Mx(※2)を使用)と、陸上から海中のスマートフォンに向けたSNSメッセージ配信に成功した。

KDDI総合研究所、青色LED光無線通信技術を用いた海中のスマートフォンとの通信実験に成功
実証実験の様子

※1 青色に光る発光ダイオードを用いた可視光による無線通信。水中において青色LED光は減衰率が比較的低い。
※2 KDDI総合研究所が開発した遠隔地からスマートフォンなどで撮影した映像をセキュアに伝送する遠隔作業支援システム。

Previous

日立、AIを活用してデータ分析・利活用の準備作業を効率化する「Data Preparation Service」を提供開始

スズキとNTT Com、電動車いす「セニアカー」をIoTで確認する高齢者見守りサービスの実証実験を開始

Next