京都電子計算と舞鶴市、AI手書き文字認識サービス「エッジAIオプション」の実地検証を実施

京都電子計算株式会社は、京都府舞鶴市協力のもと、AI手書き文字認識サービス「エッジAIオプション」の実地検証を実施した。

エッジAIオプションは、インターネットやLGWAN網へアクセスせずにスキャナーだけで高精度な文字認識が可能だ。そのため機密性が求められる自治体の閉域環境や、LGWANに接続できない個人番号取扱事務やレスポンスを求められる窓口対応等に活用できる。京都電子計算のLGWAN版のサービスと併用することで、自治体業務における利便性の拡張と業務効率の向上に貢献する。

京都電子計算は、今年度舞鶴市と取り組んでいるAI-OCR実地検証に、株式会社Cogent Labsから提供されるエッジAIに対応したAI-OCRエンジンを加え、実地検証の幅を広げることで、エッジAIオプションとして実用化に向けた取り組みを行う。

なお、エッジAIオプションをCloud PARKサービスとして提供を開始する際には、サービス取扱事業者も併せて募集する予定である。

Previous

日立、新開発AIを活用して医薬品の効果に影響を与える重要因子を探索するサービスを提供開始

日立グループ、AI画像解析技術を活用した「高速人物発見・追跡ソリューション」を販売開始

Next