IDC Japan、2018年の国内RPAソフトウェア市場は上位3社の合計がシェアの75%を占めていると発表

IT専門調査会社IDC Japan株式会社は国内RPAソフトウェア市場シェアを発表した。

2018年の国内RPAソフトウェア市場(ベンダー売上額ベース)は前年比成長率が113.5%、市場規模は155億600万円となった。

2018年は前年に引き続きオンプレミス市場が市場構成の大半を占め、産業分野では金融や製造業を中心に市場が伸びた。

2018年はRPAの導入に関して短期的なROI(Return on Investment)を追求するケースでは、RPAの継続利用を中止する判断がなされており、RPAの利用に当たりユーザー企業にとって新たな導入/検討フェーズにシフトしたとIDCではみている。

2018年の国内RPAソフトウェア市場シェアの首位はNTTデータ、2位がUiPath、3位が富士通、4位がAutomation Anywhere、5位がBlue Prismだった。

同市場では上位3社の合計がシェアの75.0%を占めている。

2017年の市場シェアとの比較の観点では、国内主要プレイヤーのNTTデータが昨年に引き続き成長を見せたことからシェアの首位を維持した。

また、外資系RPAベンダーの主要プレイヤーであるUiPathが製品の日本語化や従業員採用など日本市場への積極的な投資を行った結果、著しい売上成長を見せるなど外資系RPAベンダーが急成長した。

国内RPAソフトウェア市場の2018年の実績は、働き方改革の解決策の一端を担うITツールとして、ホワイトカラーによるPCを利用したルーティンワークを自動化する目的のRPA導入が進んだことから、前年比113.5%増となった。

Previous

NXP、5G基地局向けmMIMOアクティブ・アンテナ・システムの開発をサポートするRFパワーMCMポートフォリオを提供

東芝デジタルソリューションズ、IT運用の継続的なシステム改善をサポートするマネージドサービス「Albacore」を提供開始

Next