IoT人気記事ランキング|ラーメン凪の「顔パスシステム」など[10/7-10/13]

先週IoTNEWSでPVの高かった記事を、週間ランキング形式で紹介します。

1位 ラーメン凪、「顔パスシステム」でメンバーズカードなしでも特典提供

飲食業における会員サービスでは、専用アプリやメンバーズカード等を発行し、顧客が店頭で提示することで種々のサービスを受けられるようになっているのが一般的だ。
→詳細はこちら

2位 デジタル化の意義は「ダイナミック・ケイパビリティ」の強化にある —「Smart Factoryセミナー2019」レポート3

Team Cross FAは10月4日、東京都内で年次セミナー「Smart Factoryセミナー2019~スマートファクトリー構築の実例と進め方~」を開催(運営:株式会社FAプロダクツ、株式会社電通国際情報サービス)。本稿では、基調講演に登壇した経済産業省参事官(デジタルトランスフォーメーション・イノベーション担当)(併)ものづくり政策審議室長 中野剛志(なかのたけし)氏の講演の内容を紹介する。
→詳細はこちら

3位 経産省、DXレポート作成の背景と政策展開について講演 ―eSOL Technology Forum 2019レポート①

2019年9月27日、イーソルは「eSOL Technology Forum 2019」を開催した。イベント内では経済産業省・商務情報政策局・情報産業課・ソフトウェア産業戦略企画官の和泉憲明氏(トップ画像)が登壇し、経済産業省がまとめたDXレポート作成の背景と政策展開についての基調講演を行った。
→詳細はこちら

4位 「Team Cross FA」が進めるスマートファクトリーの構築と実例 —「Smart Factoryセミナー2019」レポート1

Team Cross FAは10月4日、東京都内で年次セミナー「Smart Factoryセミナー2019~スマートファクトリー構築の実例と進め方~」を開催した(運営:株式会社FAプロダクツ、株式会社電通国際情報サービス)。
→詳細はこちら

5位 小田急電鉄、「移動」から「派生する価値」の創出を目指す ーMaaSアプリおよび実証実験発表会見

2019年10月7日都内にて小田急電鉄による「MaaSアプリおよび実証実験発表会見」が行われた。
→詳細はこちら

6位 マイクロソフト、「Microsoft Digital Trust Security Alliance」発足で企業のDXを支援

昨今の企業におけるデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)の実現を根本的に支えているのは、セキュリティ、プライバシー、データ保護の基盤となる「デジタルトラスト」、デジタルデータを活用した経営層の迅速な英断により企業を成長に導く「デジタル・ガバナンス」、そして、いつでも・どこでも・つながるIT環境の活用による「働き方改革」の3つの取組みだ。
→詳細はこちら

7位 三菱電機、AIでカメラ映像から特定の動作を自動検出する「骨紋」を開発

国内の産業用ロボットの導入台数は、製造業の従業員1万人当たり308台(2017年)で、現在も人手作業が大きな割合を占めており、生産性向上には人手作業を効率化することが重要である。現状では、監督者が目視で作業者を観測し、作業時間の計測や作業ミスの回数集計などを行っているが、目視による観測業務は、監督者への負荷が高く常時観測は困難だ。
→詳細はこちら

8位 NECネッツエスアイが新ブランド「Symphonict」を設立、DX事業を強化

デジタル/クラウドシフトが急速に進展する中、NECネッツエスアイ株式会社は、顧客の経営課題などに対応するため「共創で顧客のビジネスに新たな価値を提供する」を基本コンセプトに、これを体現するデジタル・トランスフォーメーション(以下、DX)事業の新ブランド「Symphonict(シンフォニクト)」を立ち上げた。
→詳細はこちら

9位 「Team Cross FA」が進めるスマートファクトリーの構築と実例 —「Smart Factoryセミナー2019」レポート2

レポート1では、スマートファクトリーをワンストップで提供する企業コンソーシアム「Team Cross FA(チームクロスエフエー)」が描くスマートファクトリーの進め方について、FAプロダクツ 代表取締役社長の貴田義和氏ならびに株式会社オフィス エフエイ・コム 代表取締役社長の飯野英城氏の講演の内容を紹介した。本稿では、ものづくり企業2社によるスマートファクトリー化の実例について紹介していく。
→詳細はこちら

10位 東芝、AIでメーターの検針値を読み取り自動で記録するクラウドサービスを開始

ビル管理・保全業界では、煩雑な点検・検針作業の正確性の担保とトラブルの未然防止、トラブル発生時の迅速な対応などが求められる中、作業を人手で対応しているため慢性的な人手不足と熟練作業員の高齢化の問題を抱えている。さらに、ビル施設の老朽化による不具合の発生頻度の高まる中、ICTやデジタル技術による業務効率化、省力化と共に円滑なレポーティングとデータ管理の必要性が年々高まっている。
→詳細はこちら

 
毎週、週のはじめにランキング記事を公開しています。
ランキング一覧はこちらから

Previous

[11/6東京] 産業のDXで起きる、ビジネスモデルの変革 -IoTConference2019

オルツテクノロジーズとフォー・フュージョンが業務提携、AIエンジン「NeoRMR」を適応したプラットフォーム「Zendesk」の販売開始

Next