アイシン精機とEAI、AIの説明可能性に関する共同開発プロジェクトを開始

アイシン精機株式会社と、企業向けに人工知能をベースとしたサービス・ソフトウェアソリューションを提供するカナダのElement.AI(以下、EAI)は、人工知能の説明可能性に関する共同開発プロジェクトを開始した。

同協業によって、人工知能の産業応用で課題となっている判定結果のブラックボックス問題について「判定根拠の説明」の実現に向けて推進していく。同技術の応用で、自動車関連の生産技術においても、これまで判定根拠が見えなかったことによって起きていた品質の低下を防ぎ、人工知能の積極的な活用を推進していくことを目指す。

Previous

ソニーがスマートホームサービス「MANOMA」のUIをリニューアル、視認性や操作性を強化

パイオニアとSwiss Reがテレマティクスサービス事業で協業、ドライバーの安全運転を支援

Next