セキド、アメリカで話題のウェアラブルカメラPivothead(ピボッドヘッド)の日本公式サイトをオープン

ドローンなどの空撮機材、ラジコン商品及び海中探索機材、を主とした専門商社・株式会社セキドは、身体に装着しハンズフリーで撮影する事を目的とした、サングラス型の次世代ウェアラブルカメラPivothead(ピボッドヘッド)の日本公式サイトをオープンした。

Pivothead Japan公式サイトはこちら

 

『Pivothead SMART(ピボッドヘッド スマート)』

ライブストリーミングやスポーツのために設計されている小型の内蔵カメラ、ソニーのCMOSセンサーを登載した、サングラス型のウェアラブルカメラだ。

・タッチジェスチャーでの操作で、録画のスタート/ストップなど直感的に操作ができる。
・マイクロSDカード(最大32GB)に対応している。
・モバイルアプリとBluetoothやWiFiで接続できるので、本体の操作や設定変更を気軽に行える。

最新アクションカメラで、スポーツ、イベント、旅行の思い出、ドライブレコーダーなど、今見ている視点、見たままをを撮影できる。前作よりも軽くなって、着け心地もアップしている。

 

【関連リンク】
セキド(Sekido)
ピボッドヘッド(Pivothead)

Previous

モービルアイ、先進運転支援システム(ADAS)の後付製品として、欧州安全基準に適合

オリックスグループ4社とCreww、オープンイノベーションで提携 フィンテック、IoT分野などで、スタートアップと新規事業を共創

Next