日立グループの医薬品業界向けITシステム事業会社2社が合併、新会社「株式会社日立医薬情報ソリューションズ」を設立

医薬品業界を取り巻く環境は、再生医療などの新しい形態の医薬品の普及や、医療機関やアカデミアとの連携による革新的な医薬品の実現、サプライチェーンのグローバル化など、急激に変化している。また、近年のデジタル化の進展に伴い、IoTやAIを活用して、業務や会社の垣根を超えた医薬品バリューチェーンの全体最適化に対するニーズも高まっている。

そのような中、ITシステムは業務支援ツールに留まらず、さまざまなステークホルダーをつなぎ、多種多様なデータを活用するためのプラットフォームとして、より一層その重要性が増している。

こうしたニーズに対応するため、 株式会社日立製作所は、医薬品業界向けITシステム事業を手がけるグループ会社である株式会社日立ファルマエヴォリューションズと株式会社日立インスファーマを2020年1月1日付で合併し「株式会社日立医薬情報ソリューションズ」に商号を変更することを決定した。

日立ファルマエヴォリューションズと日立インスファーマの両社は、主に製薬会社向けのITシステムに関するコンサルティングや、大規模システムの運用・保守、各種システム(基幹系、研究開発系、生産系、品質管理系、営業系など)の開発を10年以上にわたり手がけており、薬事規制への対応をはじめとした医薬品業界の知識と、安定したシステム運用ノウハウを有している。

今回の合併により、両社がこれまで蓄積してきた知見・ノウハウや各種リソースを融合することで、製薬会社をはじめ、卸売、薬局までの医薬品製造・開発・販売などバリューチェーン全般に向けたITシステムのソリューション提案力・開発力の強化を図る。そして、顧客のITシステム運用に加え、医薬品バリューチェーンを支えるプラットフォームを提供することで、顧客のデジタルトランスフォーメーションを加速させ、新たな価値の創出につなげる。

Previous

オカムラ、無人受付で荷物預かり業務の省人化を実現する自動搬送型荷物保管システム「BAGGAGE KEEPER」を開発

ウイングアーク1stとリアライズが業務提携、BIとデータプレパレーション・サービスが一体化したソリューションを提供

Next