ウイングアーク1stとリアライズが業務提携、BIとデータプレパレーション・サービスが一体化したソリューションを提供

ビジネスインテリジェンス(以下、BI)などの分析ツールを活用して企業の状態を可視化するには、収集した活用対象データをアウトプット形式に合わせて加工や結合、クレンジング等(データプレパレーション)を行う必要がある。

しかし、必要なデータは企業内外の各所に散在しており、表記揺れや誤変換、欠損値をはじめその形式も様々だ。データの専門家ではないビジネス部門のユーザーがこれらのデータプレパレーションを行うのは難度が高く手間もかかるため、BIツールを活用する環境準備に期間と費用が生じる。

そこで、ウイングアーク1st株式会社(以下、ウイングアーク)とNTTデータグループのデータマネジメント専門会社である株式会社リアライズは、企業の経営状況の把握や意思決定のためのデータ活用の普及・浸透を目的に、業務提携契約を締結した。

また、ウイングアークの強みである可視化のためのBI「MotionBoard Cloud」と、リアライズの強みであるデータプレパレーション・サービスを組み合わせたデータエンパワーメントソリューションを11月22日より提供する。

今回の業務提携は、様々な企業にBIツールを導入し、可視化のノウハウを保有しているウイングアークが業界や業態、業務に適したダッシュボードのテンプレートを用意し、データマネジメントのノウハウとデータ整備技術を有するリアライズが提供するデータプレパレーション・サービスを一体化する。

これにより、顧客は自社に適したダッシュボードのテンプレートを選ぶだけで、手間と時間のかかるデータプレパレーションの労力をかけることなく、短期間で本来の目的であるダッシュボードによる可視化の効果を得ることができる。

また、データプレパレーションの処理を自前プログラムやエクセルのマクロ等でコーディングする従来の手法は、組織変更や商品追加などが発生した場合に迅速な対応ができないことも多くみられた。しかし同サービス利用により、データの加工や結合などの処理に修正が必要になった場合でも、柔軟に適切な変更対応を行うことができ、本来の目的である経営情報の把握や意思決定等のデータ活用に専念することが可能となる。

なお、同提携によるデータエンパワーメントソリューションの第一弾として、「営業パイプライン可視化サービス」をリリースする。営業パイプライン可視化サービスは、データ可視化領域にはウイングアークの「Mappa」および「MotionBoard Cloud」で実現し、データプレパレーション領域にはリアライズが保有するデータマネジメントノウハウやAI法人名寄せクラウドサービス「Data-Master」等を組み合わせたワンストップサービスだ。

Previous

日立グループの医薬品業界向けITシステム事業会社2社が合併、新会社「株式会社日立医薬情報ソリューションズ」を設立

Micron、包括的なAI開発プラットフォームを発表

Next