OKI、EV化に対応した第2の車載電子機器・装置の信頼性試験サービス拠点「群馬カーエレクトロニクス テストラボ」を新設

自動車業界は、EV化や自動運転、コネクテッドカー、シェアリングといったキーワードで語られる変革期を迎えている。この変革により、車載電子機器・装置においても高度化・高密度化・IoT化への急速な対応が進んでおり、製品の対象試験や規格も多様化が進んでいる。これに伴い、高額な最先端の専用試験装置と、熟練した高度なスキルをもった専門家による試験対応の需要が急増している。

OKIグループの沖エンジニアリング株式会社(以下、OEG)は、2017年に埼玉県本庄市に「カーエレクトロニクス テストラボ」を設立し、車載機器に特化した信頼性試験サービスとして「ワンストップ車載コネクター信頼性評価」や「スプラッシュウォーター衝撃試験」、「硫黄(S8)ガス腐食試験」などを提供してきた。

しかし、EV化(電動化)によりECU(エンジンコントロールユニット)など電子機器の長期信頼性評価の需要が増加し、既存の試験設備では稼働の飽和状態が続いていた。

そこでOEGは、埼玉県本庄市の「カーエレクトロニクス テストラボ」(以下、本庄ラボ)に続く第2の車載電子機器・装置の信頼性試験サービス拠点として、群馬県伊勢崎市に「群馬カーエレクトロニクス テストラボ」を開設し、11月より稼働を開始する。これにより車載電子機器・装置の長期信頼性試験の受託サービス体制を強化し、対応能力の増強に取り組む。

群馬カーエレクトロニクス テストラボは、車載電子機器ユニット・車載電子部品の環境試験(振動、高圧水、塵埃、赤外線、紫外線、オゾン、塩水、温湿度、気圧、ガス、二次電池充放電など)への耐性を評価するほか、ITを活用して東京都にある本社ラボや本庄ラボなど遠隔からの試験対象品の状態監視、試験設備の稼働状況や測定データの取得・分析を実現し、少人数で24時間365日運用する「スマートテストラボ」として稼働する。

まず、エンジンの寿命を想定した約3,000時間(約4か月強)の長期信頼性加速試験(温湿度試験/熱衝撃試験)について稼働を開始し、今後3年間で設備導入を進めて、減圧試験、耐候性試験、ガス腐食試験、塩水噴霧試験等の長期信頼性試験をサービスメニューに追加していく予定だ。また、半導体デバイスの評価・解析を行う本社ラボと連携し、顧客製品の高品質化を支援する。各装置の詳細は以下の通り。

  • 減圧試験装置
  • 山岳地帯、海外の高地都市などでの電子部品・装置利用環境をシミュレートした減圧環境下、低圧環境を模擬した試験装置

  • 耐候性試験装置
  • 自然環境(太陽光・温度・湿度・降雨などの)に起因する劣化へ対する電子部品・装置の耐性を評価する試験装置

  • ガス試験装置
  • 腐食性ガス環境における電子部品・装置の耐久性を評価する試験装置

  • 塩水噴霧試験装置
  • 塩分を含んだ大気環境における電子部品・装置の耐性を評価する試験装置

今後OEGは試験対応能力を上げ、自動車分野の売上高の前年比15%増を目指す。

Previous

Will Smart、カーシェア・オールインワン・プラットフォーム「Will-MoBi」サービス開始

小田急電鉄のMaaSデータ基盤「MaaS Japan」、海外MaaSアプリや自治体・交通関連サービス事業者と連携開始

Next