KDDI・魚沼市・富士通、災害対応向け「ヘリコプター基地局」を活用した通信手段確保の実証実験を実施

KDDI株式会社と株式会社KDDI総合研究所、新潟県魚沼市、富士通株式会社は、2019年10月23日から11月6日に新潟県魚沼市銀山平において、小型携帯電話基地局を搭載したヘリコプター(以下、ヘリコプター基地局)を用いて通信エリア外にある携帯電話の位置推定とヘリ基地局によりエリア化された範囲内での通話やSMSを行う実証実験を実施し、成功した。

KDDI・魚沼市・富士通、災害対応向け「ヘリコプター基地局」を活用した通信手段確保の実証実験を実施
電波発射による在圏情報表示画面

ヘリコプター基地局は、ヘリコプターに小型・軽量化した携帯電話基地局を載せて上空から電波を発射し、携帯電話エリア外の一部をエリア化するものである。主な特長は以下の通り。

  • 災害時に陸上や海上から携帯電話サービスの提供が困難な状況においても、上空からの電波によりエリア化された範囲内において一時的に携帯電話による通信(通話・SMS)を利用することができる。
  • ヘリコプター基地局の移動管理機能(※1)により、携帯電話から発信される電波を補捉することでヘリコプター基地局がカバーするエリア内の携帯電話の在圏状況や位置推定が可能になる。
  • 無線設備およびモバイルコア設備を小型化・軽量化し、人がバッグを担いでヘリコプターへ搭乗することができる。バッグを含めた総重量は約7kgだ。
  • モバイルコア設備は、移動管理機能、ユーザーデータ転送機能(※2)、ロケーションサーバー(※3)、呼処理システム(※4)などを有し、山間部など車載型基地局車が到達できない地域においても、ヘリコプター基地局単独で携帯電話のエリアを構成し、通話、SMSの提供、携帯電話の位置(GPS)情報の取得ができる。エリア化可能な範囲は約1.6~2.0kmだ。
KDDI・魚沼市・富士通、災害対応向け「ヘリコプター基地局」を活用した通信手段確保の実証実験を実施
ヘリコプターに搭載する小型携帯電話基地局

今回の実証実験では、災害時における携帯電話の利用が困難なエリアでの通信手段確保と迅速な救助活動に貢献することを目的として、以下の4点について実験を行うとともに、魚沼市消防署と遭難救助訓練を実施し、遭難者捜索を行うことができることを確認した。

  1. 携帯電話基地局の電波の与干渉調査
  2. 携帯電話の通信(通話・SMS)の可否確認
  3. 通信可能エリアの調査
  4. 4G LTEによる携帯電話からの電波検出による携帯電話の位置推定精度
KDDI・魚沼市・富士通、災害対応向け「ヘリコプター基地局」を活用した通信手段確保の実証実験を実施
実証実験イメージ図(上記1~3)
KDDI・魚沼市・富士通、災害対応向け「ヘリコプター基地局」を活用した通信手段確保の実証実験を実施
実証実験イメージ図(上記4)
KDDI・魚沼市・富士通、災害対応向け「ヘリコプター基地局」を活用した通信手段確保の実証実験を実施
消防隊による救助訓練
これにより、災害時において被災者の特定が困難な状況であっても、携帯電話の位置推定と、それをもとにした通信エリアの構築を実現することができ、国や自治体からの救助要請などに対応することができる。

同実証実験における各社の役割は以下の通り。

  • KDDI
  • ヘリコプター基地局の企画・実用化検討

  • KDDI総合研究所
  • モバイルコア設備の小型・軽量化、実証実験の推進、実用化検討

  • 魚沼市
  • 実証実験場所の提供、ヘリコプター基地局を活用した遭難救助訓練の実施

  • 富士通
  • 携帯電話基地局の小型・軽量化、実証実験の支援

なお、同実証実験は、内閣府の戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期「国家レジリエンス(防災・減災)の強化」として2018年度から受託し、実施したものである。

※1 携帯電話への着信(通話の着話、SMS・メールの受信など)の際に当該携帯電話が在圏する基地局を発見するための在圏・移動管理を行う機能。
※2 携帯電話の在圏管理を行う信号処理機能群(例えば移動管理機能)に対して、携帯電話のアプリ全般のデータ転送を行う機能。
※3 携帯電話からGPS情報を取得する機能。
※4 通話の発着信に係る機能で、携帯電話が稼働時に取得するIPアドレスを管理する。発信時に電話番号から着信携帯電話のIPアドレスを割り出す。

Previous

OKIの「ForeWave」、振動や音響等の波形データをエッジ領域でリアルタイムAI解析して設備の異常兆候を検知するメニューを販売

東急電鉄とソフトバンク、4Gデータ通信対応の蛍光灯一体型防犯カメラ「IoTube」を全車両に導入

Next