NTT Com、IoT導入検討支援・設計構築・保守運用をワンストップでサポートするサービスを提供開始

近年、IoTを用いたデータ利活用への取り組みが活発化しているが、本格導入に至らないケースも多々ある。これは、導入検討時に目的や解決する課題が明示化されていないこと、システム構築時に多様なIoTデバイスの中から最適な組合せを選定するのが難しいこと、導入後の継続的な保守運用が負担となることなどが主な要因である。

そこで、NTTコミュニケーションズ株式会社(以下、NTT Com)はNTTコムソリューションズ株式会社と連携して、IoTシステムをフルライフサイクルでサポートする「Thingsアドバイザリー」「Thingsコーディネーション」「Thingsマネジメント」を提供開始した。

同サービスは、NTT Comが提供しているIoTプラットフォーム「Things Cloud」に関する導入検討支援、設計構築、保守運用をワンストップで実現するサービスである。各サービスの主な特長は以下の通り。

  • Thingsアドバイザリー
  • 顧客のIoT導入検討支援、導入後のデータ活用・分析を支援するアドバイザリーメニューである。第一弾としてIoT導入を検討している顧客を対象としたオンサイトのトレーニングメニュー(IoTデバイスとThings Cloudとの接続方法や可視化方法の研修、APIの利用方法のハンズオンなど)を提供する。

  • Thingsコーディネーション
  • 顧客の利用用途に合わせたデバイスの選定、Things Cloudの画面カスタマイズや外部システム連携など、これまでの「Things Partner プログラム(※)」を通じて培ってきた構築ノウハウを活かしてIoTシステムを設計・構築する。

  • Thingsマネジメント
  • 通信事業者ならではの保守運用ノウハウを活かし、Thingsコーディネーションで構築したIoTシステムのマネージドサービス(IoTデバイスを含めたシステムの状態監視・故障対応やヘルプデスク対応など)をワンストップで提供する。

※ Things Cloudと連携するセンサーデバイスやIoT-GWを保有し、IoTユースケースを共創する企業を募るプログラム。

Previous

日立とイオンモール、ショッピングモール内店舗の商品情報を自動収集して店舗横断で商品を一括検索できるシステムの実証実験を開始

オムロン、画像センサーで対象物の位置を3次元で認識するロボットハンド搭載型3D画像センシング技術を開発

Next