ローム、Wi-SUN Enhanced HANの評価キット「BP35C1-J11-T01」「BP35C2-J11-T01」を販売開始

近年、スマートメーターを中心に構築されるネットワークなど幅広いIoT分野において、屋内外で通信でき、低消費電力で通信距離に優れる国際無線通信規格Wi-SUNの採用が進んでいる。

Wi-SUNは、特定小電力無線やSub-GHz(サブギガヘルツ)といわれる無線周波数帯を使用した無線通信規格で、日本では920MHz帯を使用している。無線LAN(Wi-Fi)と比較して低消費電力で通信距離が長いという利点から、スマートメーターや交通インフラなどのスマートコミュニティの他、医療や工場、農業など幅広い分野への展開が期待されている。

その中で、IoTやスマートメーターを始めとするスマートコミュニティ構築に利用できる国際無線通信規格「Wi-SUN Enhanced HAN」は、Wi-SUNの家庭環境向け最新規格として、通信距離を拡張するリレー通信機能や省電力動作を促すスリープ通信機能を備えており、広範囲を低消費電力でカバーできることから、採用が進んでいる。

リレー通信機能は、従来Wi-SUN規格における1対多(ゲートウェイ・エンドデバイス)のスター型接続ではなく、1対多対多(ゲートウェイ・中継機・エンドデバイス)のツリー型接続が可能である。端末同士で中継機の役割を担えるようになるため、通信距離が離れていてもより安定したネットワークを構築できる。また、スリープ通信機能は、省電力動作を意識した双方向通信方式を実現できるため、ユーザーは電池駆動に最適な通信を行うことができる。ローム、Wi-SUN Enhanced HANの評価キット「BP35C1-J11-T01」「BP35C2-J11-T01」を販売開始

そして今般、ローム株式会社は、Wi-SUN Enhanced HAN対応評価キットとして、アンテナ・コネクタ搭載モジュール「BP35C1-J11-T01」、USBドングル「BP35C2-J11-T01」のインターネット販売を開始した。

BP35C1-J11-T01は、ロームのWi-SUN Enhanced HAN対応無線通信モジュール「BP35C0-J11」を基板上に実装し、アンテナとボードtoボードコネクタを搭載した評価用モジュールである。アンテナ設計や基板へのモジュール実装が不要なため、スマートメーター情報を活用する新しいサービスや、家電、センサなどの各種機器を想定した評価に適切だという。

また、BP35C2-J11-T01はUSBドングルとして、市販のゲートウェイなどに後付けできるため、簡単にWi-SUN Enhanced HANのネットワークを構築することができる。これら2つの評価キットは、2019年11月からチップワンストップ、コアスタッフオンライン、アールエスコンポーネンツにてすでにインターネット販売を開始している。ローム、Wi-SUN Enhanced HANの評価キット「BP35C1-J11-T01」「BP35C2-J11-T01」を販売開始

Previous

NXP、スマートフォン・ベースでクルマを操作する車載超広帯域無線チップを発表

ガートナー、2020年版「戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10」を発表

Next