富士通と理研、スーパーコンピュータ「富岳」のプロトタイプが消費電力性能で世界1位を獲得したことを発表

スーパーコンピュータの消費電力性能を示すランキングであるGreen500は、世界中のコンピュータシステムを計算処理速度の速い順に上位500位までランク付けしたリストであるTOP500にランクインしたスーパーコンピュータの中で、少ない消費電力で効率的に計算できた順にランク付けしたものである。

今般、富士通株式会社と理化学研究所(以下、理研)が共同で開発を進めているスーパーコンピュータ「富岳(ふがく)(※)」のプロトタイプが、Green500において世界1位を獲得した。なお、同ランキングは、米国で開催中のハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)に関する国際会議である「SC19」において、11月18日に発表された。

今回、Green500で世界1位を獲得したシステムは、富岳のプロトタイプとして富士通が製造し、沼津工場に設置したものである。同システムには、富士通が開発したArm SVE(Scalable Vector Extension)命令をサポートしたCPU「A64FX」を768個搭載している。

今回の性能測定では、ピーク性能の2.3593PFLOPS(ペタフロップス)に対し、連立一次方程式を解く計算速度(LINPACK)(※)で1.9995PFLOPS、消費電力1ワットあたりの性能で16.876 GFLOPS/W(ギガフロップスパーワット)を達成し、富岳の開発技術が世界トップの消費電力性能を有することを実証した。

富士通の理事である新庄 直樹氏は「今回の受賞は、理研と開発を進めてきたスーパーコンピュータ「富岳」の3つの大きな開発目標である、高いアプリケーション性能、省電力、使い勝手の良さのうち、省電力について世界一のレベルを達成することができたことを意味します。また、「富岳」はGPUなどのアクセラレータを用いない、様々なアプリケーションを処理することが可能である汎用CPUのみを搭載したシステムです」と述べた。

また、「つまり、今回のランキングにおいて「富岳」の開発技術は、アクセラレータを用いた他システムを上回る消費電力性能を持ち、かつ、汎用CPUのみの他システムと比較して約1/3の電力で処理を行える省電力なシステムであることが実証されました。これは、当社が長年CPUを開発してきた技術・ノウハウの蓄積と、設計の初期段階から性能と消費電力を意識した徹底的な最適化の取り組みが可能にしたものです」と述べている。

さらに、理研 計算科学研究センター センター長 松岡 聡氏は「「富岳」ではCo-design(コデザイン)による開発で目標を大幅に超える世界最高の電力性能を誇る汎用Arm CPUの開発に成功しました。GPUマシンがランキングの上位を占める中で、汎用CPUマシンがこれらを上回るのは非常に画期的なことです」と述べた。

加えて、「この異次元の電力性能の汎用CPUは、新しいスタンダードになる事で革命的なHPCの成果創出にとどまらず、Society5.0を実現するAI(人工知能)やビッグデータなどの新しい技術への適用が見込まれます。汎用性と省電力性を兼ね備えた「富岳」が、Society5.0の実現を担うスパコンとして広く活用されることを期待しています」と述べている。

※ スーパーコンピュータ「京」の後継機。2020年代に、社会的・科学的課題の解決で日本の成長に貢献し、世界をリードする成果を生み出すことを目的とするスーパーコンピュータ。2014年度から開始された文部科学省のフラッグシップ2020プロジェクト(ポスト「京」の開発)事業の下、理研計算科学研究センターが「富岳」を開発整備し2021年頃の共用開始を目指している。
※ 米国のテネシー大学のJ. Dongarra博士によって開発された規則的な行列計算による連立一次方程式の解法プログラムで、TOP500リストを作成するために用いるベンチマーク・プログラム。ハードウェアのピーク性能に近い性能を出しやすく、その計算はシンプルだが、応用範囲が広い。

プレスリリース提供:富士通

Previous

トヨタ、電子マネー・コード決済など3つの支払い手段を搭載したスマートフォン決済アプリ「TOYOTA Wallet」を提供開始

三菱電機とNEC、製造業における5G活用に向けた共同検証を開始

Next