BIGLOBE、Android(TM)搭載のIoT端末「BL-01」の開発キットを提供開始

ビッグローブ株式会社(以下 BIGLOBE)は、GPSや加速度センサーなどを搭載し、データ通信が可能な小型Android(TM)端末「BL-01」の企業向け開発キットを、3月2日より提供開始した。

「BL-01」は、単独でデータ通信が可能なスマートフォンとして使えるほか、各種センサーを活かしたIoTのゲートウェイ端末、腕時計やネックレス型のアクセサリーと組み合わせることでウェアラブル端末としても活用可能だ。

今回の企業向けの開発キットは、Google社の標準SDK(注1)に対応しており、一般的なAndroidのアプリ開発環境があれば、自由に「BL-01」向けのアプリを作ることが可能だ(注2)。

同開発キットは、充電やPC接続用クレードル付属で35,000円(税別、モバイル回線別)で提供。BIGLOBEは、「BL-01」を採用した企業のソリューション開発サポートも行うことで、魅力的なIoTサービスの創出を支援していく。

 

「BL-01」開発キットの特長

1.6インチタッチパネルの小型Android端末「BL-01」

ウェアラブル端末としても活用可能な1.6インチLCDタッチパネルの小型端末で、重量は約36g。Wi-Fiや省電力のBluetooth 4.0やGPS、3軸加速度センサーを搭載しており、様々なニーズに対応したIoT端末として活用可能。

企業ニーズにあわせた柔軟なアプリが開発可能

小型Android端末の場合、専用の開発ツールが必要になる場合が多いが、同開発キットはGoogle社のAndroid 4.4.2向けのアプリケーション開発環境があれば、企業ニーズに応じて自由な開発が可能。充電、PC接続用のクレードルとセットで35,000円(税別、モバイル回線別)にて提供。

自治体の道路維持管理や子供の見守りなど様々な用途で活用可能

GPSや加速度センサーを活用した道路の路面状況把握など「BL-01」単体で活用できるほか、Beaconとの組み合わせによる子供の見守りや医療機器などのモノの管理、また各種センサーからの情報をクラウドにアップロードするためのゲートウェイとしての利用など、より幅広い分野での活用が可能。

 

同開発キットは、第一弾として福島県会津若松市の「路面情報等のオープンデータ活用実証実験」で採用された。

舗装路面管理ソリューションを提供するバンプレコーダー社とBIGLOBEが協業し、会津若松市の道路パトロール車を含む公用車や民間のバスなど10台に「BL-01」を設置予定。エンジンがかかると自動的に電源が入り、走行中に道路の舗装状況を「BL-01」の加速度センサーで検知。エンジンを停止すると異常箇所のGPS情報を含めた走行データが自動的にサーバに送信されるため、地図データとの組み合わせによる舗装道路の異常箇所可視化が簡単に実現できる。

BIGLOBE、Android(TM)搭載のIoT端末「BL-01」の開発キットを提供開始

(注1) Software Development Kit、ソフトウェアの開発キット。
(注2) 同デバイスはGoogle Mobile Service(Google Mapや、Google Playなど)は使えない。GPS、センサーなどはAndroid標準となる。

 

【関連リンク】
ビッグローブ(BIGLOBE)
グーグル(Google)
バンプレコーダー(Bump recorder)

Previous

ispaceとジグソー、月や小惑星における水などの資源探査を目的とする自律制御ロボット『宇宙群ロボット』の共同研究開発を開始

自律型ロボット向けモジュール型スーパーコンピュータ「NVIDIA Jetson TX1」 3月中旬発売

Next