シュナイダーエレクトリック、エッジ環境向け小型サーバーラック「NetShelter SX 12U/18U」を発売

デジタルデバイスやIoTの活用拡大により、膨大なデータが日々生成されている。通信遅延を防いだり、データ保護の規制を遵守するために、これまでデータが処理されていたデータセンターやクラウドではなく、データが発生する場所であるオフィスや工場、商業施設など、ネットワークの端である「エッジ」と呼ばれる場所でデータを処理する「エッジコンピューティング」が注目され需要増加が見込まれている。

また、エッジはIT専用のスペースではないが、データセンターやサーバールームのような高い安全性やセキュリティ、安定的なシステム運用が求められる。

今般、シュナイダーエレクトリックは、サーバーラック「NetShelter SX」(ネットシェルター エスエックス)シリーズから「エッジ」環境向けに12U(※)、および、18Uサイズの小型サーバーラックを発売した。

12Uと18Uのサーバーラックは、スペースが限られているエッジ環境でも設置できる小型のラックである。シュナイダーエレクトリックの電源保護製品であるUPS(無停電電源装置)、物理セキュリティと環境監視をおこなう「NetBotz」や、クラウドベースのITインフラ設備管理ソリューション「EcoStruxure IT Expert」を組み合わせることにより、可用性を高めるだけでなく遠隔地やIT管理者が常駐していないエッジ環境でもITインフラ設備を監視・保護することができる。

また、データセンターやサーバールームで多く使われているサーバーラック「NetShelter SX」と同じ形状・操作性を有しているため、現在販売しているケーブルマネジメントやブランクパネルなど様々なNetShelterシリーズ用アクセサリーの使用が可能だ。
シュナイダーエレクトリック、エッジ環境向け小型サーバーラック「NetShelter SX 12U/18U」を発売
※ Unitの略。ラックへの収納・取り付けの高さを表す単位。1U=1.75インチ。

Previous

双日・NTT Com・NEC・NECネッツエスアイが協業、ミャンマーの通信環境を改善するインフラを整備

ベイシス、IoT機器設置などの電気通信工事をDX化

Next