日本コンピュータビジョン、顔認証による入退室管理ソリューションを提供開始

画像認識ソリューションの開発および提供を行う、ソフトバンク株式会社の子会社日本コンピュータビジョン株式会社は、顔認証でよりセキュアで快適なアクセスを可能とする入退室管理ソリューション「JCV Total Building Access Solution(JCVトータル・ビルディング・アクセス・ソリューション)」の提供を開始した。

同ソリューションは、煩わしいICカードの管理・運用という管理者の悩み、またICカードの盗難・なりますしによるセキュリティ問題に対応するために、顔の検知・認証処理を行う顔認証デバイス(一体型専用端末またはアプリケーション型)とデータベースの管理・認証処理を行う管理プラットフォームで構成されたトータルソリューションである。

画像認識技術を持った技術パートナーである香港のSenseTime Group Limited(センスタイムグループ)のアルゴリズム技術を利用し、顔写真を1枚登録するだけで1対N認証(※)および生体検知を行い、スムーズかつセキュアなアクセスを実現する。日本コンピュータビジョン、顔認証による入退室管理ソリューションを提供開始

さらに、顧客の既存システム(勤怠管理など)とのAPI連携、顧客の環境に合わせたプラットフォーム選択(オンプレミスもしくはクラウドでの対応)など、ニーズに合わせた提案を実施の上、オフィス環境の向上に貢献していく。

これらにより、ビルディング管理者のアクセス管理工数の軽減と、利用者にはストレスなしのビルアクセスが可能になる。

同ソリューションの各製品の概要や特長は以下の通り。

  • 「SensePass-J」(一体型専用端末)
    • 最大20,000の顔データが保存可能
    • 暗号化や生体検知によるセキュリティ保証
    • さまざまなインターフェースに対応(Wi-Fi/Ethernet/Wiegand/RS-485/無電圧接点)
    • 認証速度:0.3秒以内(距離2.0m以内)
    • 認証精度:99%以上
  • 日本コンピュータビジョン、顔認証による入退室管理ソリューションを提供開始

  • 「SenseHello-J」(アプリケーション型)
    • 最大50,000人の顔ライブラリ容量
    • iOSアプリケーションにつき、端末へのインストールが容易に可能
    • 認証速度:1秒以内(距離4.0m以内)
    • 認証精度:99%以上
    • 日本コンピュータビジョン、顔認証による入退室管理ソリューションを提供開始

  • 管理プラットフォーム「SenseLink-J」
  • 顔認証デバイスやユーザー情報を一元管理する統合プラットフォームである。デバイス管理・ユーザー管理・アカウント権限管理・従業員の勤怠管理・API外部連携などが行える。日本コンピュータビジョン、顔認証による入退室管理ソリューションを提供開始

    ※ 顔の画像と全ての保存顔データベース内で最も類似度の高い顔情報を算出すること。

    Previous

    プラススタイル、オンラインショッピングモール「PayPayモール」にオリジナルスマート家電を販売開始

    もう議事録はいらない?日本語の書き起こし精度を試してみた

    Next