「スタンプを押さないスタンプラリー」が実現可能に

アプリックスIPホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:郡山龍、以下「アプリックス」)は、Beacon を利用してスタンプラリーを実現するシステム、ビーコン専用アプリケーション「hubea®」を開発した。

これにより、鉄道駅や観光地、商店街あるいは展示会やイベントなどでのスタンプラリーを簡単に実現できるようになる。

また「hubea®」を利用することで、日常的には、商業施設や商店街、観光施設などでタイムセールやオススメ情報、あるいは鉄道の運行・遅延情報など、生活者にとって便利でお得な情報を発信することができる。

※Beacon(ビーコン)とは
日本語にすると、のろしや目印という意味。
Beacon(ビーコン)とは、Bluetooth Low Energy(BLE)を使って、スマートフォンの位置情報を特定し情報を配信する仕組みのことで、アップルが「iBeacon」という名称でiOS 7に搭載したことから注目を集めた技術。例えば、店舗に設置したBeacon周辺を人が通ると、スマートフォンにクーポンなどの情報を配信する。

・関連リンク
ニュースリリース

Internet of Tomorrowで、トラックの安全性と燃費を高める

Next