KDDIとフェイスブックが5G時代のXR活用で連携、次世代のショッピング体験を実現しビジネスのDXを推進

KDDI株式会社とフェイスブック ジャパン株式会社は、FacebookとInstagramの各アプリにXR技術を組み込み、KDDIが有するマーケティングと送客から決済までビジネスに必要なアセットを提供する空間コンピューティング(Spatial Computing)の取り組みを連携させることで、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援し、ビジネスの拡大に貢献する取り組みを共同で実施することを発表した。

また、両社は5G時代の新しいショッピング・エンターテインメント体験のコンセプトを紹介する「フューチャーポップアップストア」を2020年春に共同で開設する。

フューチャーポップアップストアでは、サービス、流通、製造などさまざま産業をテーマに、Instagramアプリを活用したトライオンや商品購入、AI店員(デジタルヒューマン)による接客体験、ARグラスやモバイルARを活用したショッピング体験など、次世代ショッピングのコンセプトモデルを展示していく予定だ。

KDDIとフェイスブックが5G時代のXR活用で連携、次世代のショッピング体験を実現しビジネスのDXを推進
Instagram ARフィルター(イメージ提供: ULTRA JAPAN実行委員会)
KDDIとフェイスブックが5G時代のXR活用で連携、次世代のショッピング体験を実現しビジネスのDXを推進
AI店員(イメージ協力: Quantum Capture Inc.)
Previous

オムロン、腕時計型のウェアラブル血圧計「HeartGuide」発売

ソフトバンク・ハートネットワーク・新居浜市が連携、ICTを活用したスマートシティの実現に向けた取り組みを推進

Next