住友化学、イスラエルのAI・臭覚IoT開発を行うNanoScentと戦略的資本業務提携

イスラエルのAniwo Ltd.は、同社のイノベーションアドバイザリーサービスを活用する住友化学株式会社が、AI・臭覚IoT開発のスタートアップNanoScent Ltd.に、$2M(約2.2億円)を出資して、戦略的資本業務提携を締結したことを発表した。

今後、NanoScentが開発する臭覚IoTセンサーとAIによるデータ分析プラットフォームを活用して、ヘルスケア、産業IoT、フードテック、デジタルマーケティング等幅広い領域での実証実験とサービス展開を行うとした。

Previous

AWSが「AWS量子コンピューティングセンター」を設立、新サービス「Amazon Braket」と戦略をサポートする「Amazon Quantum Solutions Lab」を発表

ノキア、日本企業にローカル5G/プライベートLTEを提供すべく戦略的エコシステムパートナーシップを構築

Next