沖縄電力とNEC、電柱に設置した見守りカメラとAIを用いて交通事故の危険度を推定する実証実験を開始

沖縄電力株式会社と日本電気株式会社(以下、NEC)は、沖縄県うるま市内の通学路である安慶名交差点近くの電柱に見守りカメラを1台設置し、映像からAIを用いて交通流データを分析することで、交通事故の危険度を推定する実証実験を2020年2月まで実施する。

今回の実証では、AIを活用し、電柱に設置した見守りカメラの映像から人や普通車、大型車等を識別しながら、車種別車両走行台数や速度、歩行者交通量といった交通流データを収集・分析し、各時間帯における交通事故の危険度を推定するものである。

また、推定した危険度情報を「沖縄IoTプラットフォーム」(※)を活用し提供することで、例えば、自治体等が事故防止の為のインフラ整備や市民への安全の注意喚起を検討する際の有効なデータとして活用できると見込んでいる。

なお、同実証実験は、沖縄県の「IoT利活用促進ネットワーク基盤構築・実証事業」の1つとして採択されたもので、見守りを中心としたカメラの多目的利用とデータの利活用により、更なる安全・安心な街づくりを目指す。

※ IoT技術を活用した産業振興、経済活動効率化を促進するため、県内経済活動等における様々な団体、事業者が利用可能なIoTプラットフォーム。

Previous

ラトックシステム、スマート家電リモコン「RS-BTIREX2」がGoogleアシスタントとSiriショートカットに対応

国土交通省、道路交通上の課題解決に繋がる3次元点群データの利活用案を募集

Next