グルーヴノーツ、量子コンピュータ技術を活用した「スケジューリング最適化」パッケージを正式リリース

人口減少の深刻化や働き方改革の加速化において、労働力の確保や生産性の向上は喫緊の問題になっている。その中で、働き方改革関連法など労務管理を強化した上で、できるだけ最小の人員構成で、かつスタッフ一人ひとりの働く意思を尊重した勤務シフトを作成するには、考慮すべき要素が膨大になり多大な時間と労力がかかるため、業務改善が求められる重要課題となっている。

株式会社グルーヴノーツは、ビジネス現場で活用できるAI(機械学習・深層学習)を目指して、プログラミングや専門知識を必要としないエンタープライズ向けクラウドプラットフォーム「MAGELLAN BLOCKS」を独自に開発・提供している。ビジネス需要を正確に予測できるようになると、必要不可欠になるのが「供給の最適化」だ。

そこで、グルーヴノーツの着目したテクノロジーが、実用に耐えうる「アニーリング方式」の量子コンピュータ技術で、指定の制約条件を満たす組み合わせの解を導くことに特化している。従来、量子力学という物理現象を応用した既存のハードウェアである量子アニーリングマシンを利用するには、マシン上で実行可能なソフトウェア(ソルバーともいう)を開発する必要があった。

MAGELLAN BLOCKSでは、業務上の様々な組合せ最適化問題に対して、物理学上の数式の作成から、マシン上で動作するモデル(イジングモデルともいう)の構築まで含めて対応した独自の「組合せ最適化ソリューション」を提供している。これにより、ユーザーは、業務上の制約条件を入力するだけで、希望する組み合わせパターンの最適解を瞬時に導き出すことが可能になる。

加えて、MAGELLAN BLOCKSによってAIと量子コンピュータを組み合わせて活用できることで、未来の予測と、人・モノ、そしてそれらにかかる作業の最適配置を実現する。例えば、来店客数予測をもとに、繁忙にあわせ最適なシフト計画を作成したり、タクシー需要を予測し、最適な配車指示をすることなどが挙げられる。その他、商業施設のテナントの売上変化を予測し、フロアレイアウトの最適化にも貢献する。

そして今般、グルーヴノーツは、量子コンピュータ技術を搭載した「MAGELAN BLOCKS 組合せ最適化ソリューション」の最新ラインナップとして、「スケジューリング最適化パッケージ」を正式リリースした。

スケジューリング最適化パッケージでは、金融業等におけるコールセンターのオペレーターシフト、交通業における乗務員シフト、医療業における看護師シフト、大型・多店舗等の小売業における勤務シフトなど、適材適所の最適配置を実現する「シフト最適化」や、製造業における生産計画・機器稼働率、建設業における資機材・人員・工程計画、流通・物流業におけるサプライチェーンマネジメントといった「サプライチェーン最適化」への活用が可能になる。

また、MAGELLAN BLOCKSでAIによる需要予測と量子コンピュータによる最適化まで一貫したサービスとして活用できることで、例えばコールセンターにおいては、その日の入電数予測に基づくオペレーターの最適配置といった、人手不足の解消および余剰人員・コストの圧縮、生産性向上、利益率向上等の事業課題解決の成果に貢献することができると期待される。

グルーヴノーツ、量子コンピュータ技術を活用した「スケジューリング最適化」パッケージを正式リリース
「MAGELLAN BLOCKS」サービス構成
Previous

経産省、異なる産業分野のIoTシステム間で相互情報連携を行う提案が国際標準化へ

三菱商事とNTT、「産業DX推進」に関する業務提携に合意

Next