ソニーが大阪オフィスを開設、CMOSイメージセンサーの設計開発能力を強化

ソニー株式会社は、CMOSイメージセンサーの事業拡大に向けて、ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社 大阪オフィスを開設することを発表した。大阪オフィスは、ソニーとして関西で初めてのCMOSイメージセンサー設計開発拠点となり、2020年4月1日の設立を予定している。

大阪オフィスの開設により、ソニーは関西における優秀なアナログ設計エンジニア、ロジック設計エンジニアなどの人材獲得を通じて、今後も市場拡大が見込まれるモバイル機器やIoT市場向けのCMOSイメージセンサー設計開発能力を強化し、製品ラインアップの拡充を目指す。

Previous

ドコモ・仙台放送・ソニー、5Gを活用した映像のリアルタイムクラウド編集と中継に関する実証試験に成功

IDC、今後のデータ流通サービスプラットフォームにおいてエッジの活用やガバナンス機能の提供等が重要だと発表

Next