NTT西日本・TBSテレビ・実業団連合など、IoTを活用して駅伝レース出場選手の位置情報をほぼリアルタイムに配信するサービスを提供開始

スポーツ競技において、選手の位置情報を可視化する取組みが世界中で積極的に行われている。一方で、駅伝やマラソン等ロードレースにおいては、電波環境や選手が装着するGPSデバイスの大きさや重さが課題となり、正確な位置情報を把握することが困難だった。そこで、西日本電信電話株式会社(以下、NTT西日本)はこれまで、一般社団法人日本実業団陸上競技連合(以下、実業団連合)と株式会社TBSテレビと共同で、レース等で実証実験を重ねてきた。

そして今般、NTT西日本とTBSテレビ、実業団連合、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社(以下、NTTBP)およびエヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社(以下、NTTスマートコネクト)は、2020年1月1日に開催される「ニューイヤー駅伝inぐんま~第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会~」(以下、ニューイヤー駅伝2020)において、IoTを活用した新たなスポーツ視聴体験を提供する。

具体的には、NTTグループが研究開発を進めてきた小型・軽量GPSデバイス(カード型チップ)を選手のナンバーカードに装着、選手の位置情報を受信し、TBSテレビのテレビ番組「ニューイヤー駅伝2020」のデータ放送画面や、大会関係者向けのWebサイトに出場37チームの順位をほぼリアルタイムにテレビへ配信する。Webサイトにおいては、実際の地図を用いてほぼリアルタイムな位置を確認できるよう対応する。

また、走行する車から無線サービスを提供する技術「Drive-By技術」により、場所を問わずIoTを実現する。加えて、大会関係車両にIoT無線技術の一つであるPrivate Loraの無線基地局(受信アンテナ)を搭載し、選手が装着するGPSデバイスから位置情報を受信する。そのほか、衛星測定システム「みちびき」にも対応している。

各者の役割は以下の通り。

  • NTT西日本・NTTスマートコネクト
  • これまでに実施してきた実業団マラソン等での実績やノウハウを活用し、大会関係者との調整、及び同取り組みの実行・運営、大会関係者向けWebサイトへの選手の位置情報表示技術の提供等

  • TBSテレビ
  • ニューイヤー駅伝2020番組内のデータ放送で、走行順と各チームの距離差をほぼリアルタイムで表示

  • 実業団連合
  • 選手位置情報の視える化技術を導入したニューイヤー駅伝2020大会の開催(全区間・全選手へのナンバーカードへのデバイスの装着承認)

  • NTTBP
  • Private LoRaを活用した無線ネットワーク設計及び「Drive-By技術」の構築、みちびきに対応した小型・軽量GPSデバイスの開発・提供、大会関係者向けWebサイトへの選手の位置情報表示

Previous

年末年始に使える、IoTガジェット3選 ~飲みすぎ防止から正月太り防止まで

JR東日本スタートアップとHmcomm、AIを活用した鉄道事業の異音検知の実現に向けて業務提携を締結

Next