KDDIや京セラなど、FWT Hakuba 2020でドローンとスマートフォン位置情報を活用した選手の滑走映像を配信

一般社団法人白馬村観光局、KDDI株式会社、京セラ株式会社、Red Dot Drone PTE.LTD.(以下、RDD)は、FWTジャパン株式会社の協力により、1月18日から1月25日に開催されるフリーライドスキー・スノーボード世界選手権「Freeride World Tour Hakuba Japan 2020」で、長野県にある白馬村の標高約2,000メートルの雪山を4G LTEネットワークでエリアカバーし、滑走する選手の映像と、滑走データを組み合わせて、大型モニターにリアルタイム表示を行う。

雪山を滑走する選手の位置情報をもとにドローンが選手の自動追尾・撮影した映像と、選手が所持する京セラ製スマートフォン「TORQUE G04」から取得する速度・高度・位置などの滑走データを組み合わせ、会場内の大型モニターに伝送する。大会の映像は、インターネットスポーツメディア「SPORTS BULL」や国内最大4チャンネルのスポーツテレビ局「J SPORTS」にも配信する。

各社の役割は以下の通り。

  • 白馬村観光局
    ・同取組みへの協力支援
  • KDDI
    ・FWT JAPAN 2020での観戦体験の企画、推進
    ・ライブ中継のための4G LTEによる通信環境整備
    ・「SPORTS BULL」や「J SPORTS」への同大会配信調整
  • 京セラ
    ・「TORQUE G04」の端末提供およびセンサー情報(速度・高度・位置)を取得する技術協力
  • RDD
    ・ドローンがGPS情報に基づき自動追尾する機能の提供
    ・ドローンが自動追尾し空撮した映像をリアルタイムにサーバーへ配信する機能の提供
    ・センサー情報を独自に開発したアプリより取得し、ドローンで空撮した映像へリアルタイムに滑走データの表示を行うシステムを提供
  • FWTジャパン
    ・同取組みへの協力支援
    ・FWTのドローン撮影チームと合同で空撮映像を撮影
    ・全世界に放送する映像使用
Previous

シュナイダーエレクトリック、エッジ環境のIT課題を解決する「EcoStruxure マイクロデータセンター」を提供開始

IDC、2020年~2023年の国内IT市場は大都市圏ではプラス成長に回復し大都市圏以外は低い成長率に留まると予測

Next