テリアソネラ、サムスン・ギアS2の接続でオベルチュール・テクノロジーズを選定

組み込みセキュリティーソフトウエア製品/サービス/ソリューションを提供するオベルチュール・テクノロジーズ(OT)は、OTのM-Connectソリューションが北欧・バルト諸国の通信事業者であるテリアソネラに選定されたと発表した。

テリアソネラは同ソリューションを利用して、加入者がサムスン・ギアS2(Samsung Gear S2)にサブスクリプションをリモートからダウンロードできるようにする。サムスンはOTのDakOTa eUICCをギアS2に組み込むことで、セルラーネットワークに接続可能なコネクテッドウォッチをいち早く提供する消費者向け機器メーカーとなる。

 

OTとサムスンは、GSMAのコンシューマー・リモートSIMプロビジョニング(RSP)イニシアチブに準拠する形で、テリアソネラが自社のモバイルネットワークにギアS2を遠隔地からセキュアに接続できるようにする。OTのエンドツーエンドソリューションは、MNO認証情報のための完全なプライバシーとセキュリティーを保証できるように設計されている。

テリアソネラは販売拠点で、サブスクリプションプロファイルを識別できるバウチャーを顧客に発行する。ユーザーは、スマートフォンに搭載されたサムスン専用アプリケーションで、QRコードをスキャンするだけで済む。新しいサブスクリプションプロファイルは、スマートフォンとブルートゥースでつなぐことで、ギアS2に自動的にダウンロードされる。ギアS2で専用サブスクリプションプロファイルがいったんアクティベートされると、ユーザーは電話をかけられるほか、スマートフォンの電源がオフでもネットワーク圏外でも、通知の受領とデータサービスを直接的に利用できる。

 

【関連リンク】
オベルチュール・テクノロジーズ(Oberthur Technologies)
テリア・ソネラ(TeliaSonera)
サムスン(Samsung/三星)
GSMアソシエーション(GSMA)
ビジネスワイヤ

Previous

ナレッジコミュニケーション、最適なアルゴリズムを自動的に選定する「ナレコムAI」

DJI、韓国市場での拡大を視野に弘大に旗艦店オープン

Next