UEIとさくらインターネット、業務提携しディープラーニングクラウドASP事業を開始

株式会社UEIと、さくらインターネット株式会社は業務提携し、ディープラーニング時代に即したASP事業を開始することを発表した。

UEIでは株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所以下ソニーCSL)との共同開発によって、一年前より深層学習の独自研究を重ね、昨年末にオープンソースソフトウェア「DEEPstation」を発表した。「DEEPstation」はWebから手軽に扱えることが好評を博し、複数の大学や企業内の研究機関で実際の研究に活用されている。

現在、多様化するディープラーニングへの期待に答え、Web上から手軽に活用できるASP型サービスの提供が待望されており、今回、UEIとソニーCSLは、共同開発した深層学習ソフトウェアプラットフォームのインフラとして、さくらインターネットの高火力コンピューティングプラットフォームを採用し、 ASPサービスを4月より開始することを発表した。

 

【関連リンク】
ユーイーアイ(UEI)
さくらインターネット(SAKURA Internet)
ソニーコンピュータサイエンス研究所(Sony CSL)

Previous

NTTスマイルエナジーの「エコめがね」、新電力向けの新プラットフォームを開発し、日本エコシステムの「じぶん電力」に採用

TIS、電池レス・配線レス「EnOcean」対応センサーと「AWS IoT」を連携

Next