トヨタとダイナミックマップ基盤、自動運転用HDマップ更新の実証実験を開始

先進運転支援システムや自動運転システムがグローバルに普及し、高精度で高品質の自動運転用地図への需要が高まってきている。地図生成には、実際の道路上のペイントや構造物の変化を正確で迅速に把握し、効率的に地図を更新することが重要だ。現在は主に道路工事情報等に基づいた計測車両での現地調査によって道路の変化を把握しており、調査費用や迅速さが課題となっている。

このような中、トヨタの自動運転ソフトウェアの先行開発を行うトヨタ・リサーチ・インスティテュート・アドバンスト・デベロップメント株式会社(以下、TRI-AD)と、自動運転用高精度地図(以下、HDマップ)を日本と北米で提供するダイナミックマップ基盤株式会社(以下、DMP)は、4月から新たに双方の技術を活用した実証実験を進める。

今回の実証実験では、TRI-ADのオープンなソフトウェアプラットフォームであるAutomated Mapping Platform(以下、AMP)を活用して、一般的な車両に搭載可能で普及価格帯のカメラで入手したデータから、道路上の変化した箇所を自動で検出する。この手法により、計測車両の走行距離や台数、人件費を削減しながら、迅速にHDマップを更新することができる。

両社は、日本国内の自動車専用道路の画像等のデータを用いて、TRI-ADのAMPの変化点抽出技術を活用して、DMPのHDマップ更新が効率的に行えることを確認する。その後、2021年度からの運用開始を目指すとした。

Previous

NTTドコモ、「5G総合実証試験」を実施

IoT人気記事ランキング|コニカミノルタのエッジAIカメラ「MOBOTIX M73」発売など[3/9-3/15]

Next