KDDIとJAL、5Gの利用を開始

KDDI株式会社と日本航空株式会社(以下、JAL)は、航空会社における業務での5G活用の可能性を追求するため、2018年から2回の実証実験を重ねてきた。そして今回、JALはKDDIが提供する「au 5G」サービスを「JAL Innovation Lab」に導入して5Gの利用を開始した。

JAL Innovation Labには、空港や機内を模したスペースがあり、ラボ会員のアイデアを素早く形にして、立案から検証までの過程を一貫して行うことができる。また、100社を超える外部パートナーと協働して新たなサービスを生み出している。

今回5Gの利用を開始したが、実証実験第2弾で取り組んだ「航空機整備の遠隔作業支援」などの整備業務での活用は、現在実用化に向けた検討を進めているところだ。

なお、同取り組みはKDDIとJALで連携をした「ラボ・アライアンス」によるプロジェクトである。