KDDIとソフトバンク、地方における5Gネットワークの早期整備を推進する合弁会社「5G JAPAN」を設立

KDDI株式会社とソフトバンク株式会社は、2019年7月の両社の合意に基づき、地方における5Gネットワークの早期整備を共同で推進するための合弁会社「株式会社5G JAPAN」を設立した。5G JAPANの資本金は5億円で、KDDIとソフトバンクが50%ずつの株式を保有する。

5G JAPANは、5Gネットワークの地方展開を加速するべく、両社が保有する基地局資産を効率的に相互利用するインフラシェアリングを推進し、5G基地局の工事設計や施工管理に関する業務を行う。

【関連記事】
KDDIとソフトバンク、5Gネットワークの地方展開を加速するため基地局資産の相互利用に合意

Previous

IDC、製造業のうち34.4%の企業がIIoTシステムのセキュリティ事故を経験していると発表

ゼンリンデータコムとライナロジクス、宅配物流事業向けプラットフォーム推進のために業務・資本提携

Next