KDDIとジェノバ、高精度測位情報配信サービスの提供に向けた業務提携契約を締結

IoTの広がりや測位技術の発達により、位置情報を利用したさまざまなサービスが拡大している。しかし、建設現場における建機の遠隔操縦や自動運転などの分野では、正確な位置情報が重要となるため従来のGNSS単独測位では精度に課題があった。

KDDI株式会社と株式会社ジェノバは、両社の技術基盤を活かした誤差数センチメートルのリアルタイム測位が可能な高精度測位情報配信サービスの提供に向けた業務提携契約を2020年4月15日に締結した。

ジェノバは、GNSS測量・測位の補正情報配信に関する特許技術を保有しており、国土地理院が全国に設置している約1300点の電子基準点網を活用した仮想基準点方式により、リアルタイムにデータを収集・解析しGNSS測位に適したネットワーク型の補正データを配信している。

ジェノバの配信するデータと顧客のGNSS受信機で観測したデータを組み合わせ、リアルタイムに誤差数センチメートルの高精度測位が可能だという。

KDDIは、全国に設置された電子基準点のリアルタイムデータの配信を支える通信網を国土地理院に提供している。

今回の提携契約により、両社の技術基盤を活用することで、農業・自動運転・防災・防犯・災害復旧・インフラ点検などIoT・5Gの活用が期待されるさまざまな新規領域で、早期の提供を目指していくという。

Previous

スペースマーケットと損保ジャパン、スペースシェア利用時の損害を被害者が請求できる「スペースシェア専用保険」を導入開始

スカイディスク、検品業務を効率化するAI外観検査機ローコストパッケージを提供開始

Next