IoT-EXとUiPath、RPA・IoTを活用して接触者の特定・機器制御を可能にするソリューションを共同開発

新型コロナウイルス(COVID-19)は、主に感染者との各種接触により伝染することが報告されている。そこで、感染拡大防止策として感染源に近づかないように促すことは予防に有効だ。

しかしながら、現状では自社内で感染者が判明すると、総務・人事部門などが感染者にヒアリングをして濃厚接触者候補を探し、電話やメールで連絡して状況確認や定期的に報告するよう指示している企業が多い状況だ。この方法では、濃厚接触者候補に連絡するまでのプロセスに時間がかかる傾向がある。

そのような状況の中、届出電気通信事業者のIoT-EX株式会社とロボティック・プロセス・オートメーション(以下、RPA)ソフトウェア事業を展開するUiPath株式会社は、UiPathのRPA技術とIoT-EXの提供するIoT相互接続サービスを活用して、接触者の特定・機器制御を可能にするソリューション「Proximity Automation」を共同開発した。

同ソリューションは、企業内に感染者がでた場合にその濃厚接触者および間接的に接触した可能性のある従業員を特定することができる。総務・人事部門は、従業員に感染が判明した場合の連絡方法をあらかじめ定めておき(メール、ショートメッセージ、Slackなど)感染が判明した従業員は規定の方法で会社に連絡する。

その連絡を受信すると、親機・子機から集められたIoT-Hubのデータから、RPAプラットフォーム「UiPath」を通じて当該従業員と接触した可能性が高い候補者を割り出し、メールなどによって数分程度で濃厚接触者候補にアラートが送られる仕組みとなっている。

同ソリューションの開発においては、まずIoT-EXが親機となるBase Station(IoTルータ)に子機となるスマートフォンを持った従業員が近づくと、その親機と子機のUUIDおよび距離を収集する「beaconデータ収集システム」を開発し、同ソリューションの中核となるIoT-HUBに接続した。

IoT-HUBは、他の企業が提供するIoTサービスやシステムを接続できる。例えば、環境センサー等の情報を収集する「センサー情報収集システム」や「IoT機器制御システム」などが挙げられる。この環境センサー等の情報は、LPWAを利用した収集方式にも対応可能で、屋内に限らず移動中や屋外におけるIoT機器の制御も可能だ。

次に、このIoT-HUBにUiPathを接続することで、UiPathから機器の制御や人への通知などのアクションをリモートもしくは自動で行うことが可能となる。

Previous

新型コロナウイルス、遠隔医療の初診解禁で期待大のモノ

NTTとTanium、スマートワールドを支えるセキュリティソリューション展開に向けて提携

Next