ユビキタスAIコーポレーション、 AIを活用した非接触ヒューマン・マシン・インターフェース 「MagiaTouch」を提供開始

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、世界中で接触感染を回避するために役立つ非接触テクノロジーに対する需要が急速に高まっている。公共の場やオフィス、工場や店舗など、不特定多数の人が利用する機器でのタッチレス操作に対する需要は以前からあったが、今回の新型コロナウイルス感染の広まりをきっかけに導入が加速するとともに、その利便性によって今後も市場に定着すると見られている。

株式会社ユビキタスAIコーポレーションは、Jungo Connectivity Ltd.(以下、Jungo)が開発した非接触ヒューマン・マシン・インターフェース「MagiaTouch」を提供開始した。

MagiaTouchは、機器メーカーやアプリメーカー向けのSDK(※)である。組込み機器やPCアプリケーションに対し、ユーザーがスクリーンやキーボード、マウスによって行う操作の代わりに、カメラやマイクからのインプットによるタッチレスで没入型のインターフェースを実現する。

MagiaTouchは、Jungoの車室内モニタリングシステムの技術をベースに開発されている。MagiaTouchが人の視線や手をトラッキングしたり、ジェスチャーを読み取ったり、あるいはボイスコマンドを理解したりすることで、ユーザーは機器に触れることなく容易に機器のコントロールや機器とのインタラクションが可能だ。

顧客企業がMagiaTouchのSDKを使用することで、さまざまな製品やアプリケーションのタッチレス化、操作性の向上、没入型のユーザー体験の提供が可能になる。SDK提供時には、あわせてJungoのユースケースやコンサルティングのほか、ユビキタスAIコーポレーションのソフトウェア製品や技術サポートの提供が可能だ。

※ SDK:特定のソフトウェアを開発する際に必要なツールのセット(APIのライブラリ、サンプルプログラム、技術文書などが含まれる)。ソフトウェア開発キットと呼ばれ、プログラムの作成を省略し開発を効率化できる。

Previous

順天堂大学とジョンソン・エンド・ジョンソン、モバイルヘルスとAIを活用した個別化医療システムの構築に向けた研究を開始

シャープのクラウドHEMSサービス「COCORO ENERGY」が強化、AIが停電時に必要な電力量を予測して蓄電池に自動充電

Next