MODE、「IoT/コネクテッド開発支援サービス」を提供開始

MODE,Inc.は、「IoT/コネクテッド開発支援サービス」を2020年5月12日から提供開始した。このサービスは、これまでMODEで提供してきた、現実世界のデータをビジネスに活用できる技術基盤を活用し、インターネットへのコネクテッドシステムの開発支援を行うサービスである。

MODEは、2019年9月に「MODE Labs」を提供開始した。

[参考記事]MODE、併走型IoTビジネス開発サービス「MODE Labs」を提供開始

このサービスはMODEの数年間のIoTのノウハウ・技術を提供し、顧客のIoTビジネス加速に貢献するサービスであるが、システムアーキテクチャやシステム開発においても顧客からニーズが多くあったという。そのため。今回の「IoT/コネクテッド開発支援サービス」の提供開始に至った。

同サービスの特長は以下の通り。

  • 「IoTシステムが動かない」という悩みを解決
  • 開発コストの低減と開発スピードの高速化を実現
  • AWSコンポーネントとの柔軟な連携
  • 高度なセキュリティ

同サービスの活用事例として、ドライブレコーダーのバックエンドの開発や、感染症対策のIoTシステム開発等があるという。

Previous

クルマの今と未来

NEC、顔・虹彩認証技術を統合した非接触マルチモーダル生体認証端末を開発

Next