DNP・ゲオHD・JCB、バーチャルプリペイド「ゲオペイ」の開始に向けて基本合意契約を締結

大日本印刷株式会社(以下、DNP)と株式会社ゲオホールディングス(以下、ゲオHD)グループの株式会社ゲオペイメントサービス、株式会社ジェーシービー(以下、JCB)は、ゲオペイメントのバーチャルプリペイド「ゲオペイ(仮称)」の2020年秋以降の開始に向け、基本合意契約を締結した。

ゲオペイは全国のSmart Code加盟店の店頭でQRコード決済ができ、かつWEBでもJCB加盟店で利用可能なプリペイドサービスである。スマートフォン上にJCBブランドのバーチャルプリペイドカードが発行され、会員はスマートフォンにQR・バーコードを表示することでゲオHDグループの店舗やSmart Code加盟店にて支払いが可能となる。また、WEBでは国内外のJCB加盟店で利用できる。希望者には従来のプラスチックカード型のJCBプリペイドも発行される。

支払いは前払いチャージ方式で、個人情報登録の有無ならびに未成年/成年の区分によって利用限度額が設定される予定だ。

今回提携されたことで、ゲオペイにはDNPの「DNPキャッシュレス決済プラットフォーム(※)」とJCBのQR・バーコード決済スキーム「Smart Code(※)」が採用される予定だ。

なお、ゲオペイを利用する際の利用料金(年会費)は無料だ。

※1 DNPキャッシュレス決済プラットフォーム:各種キャッシュレス関連サービスを連動させ、カード発行会社(イシュア)や加盟店のキャッシュレス対応をトータルに支援するサービス基盤。ブランドプリペイド導入に必要となる基本機能をASPサービスとして提供する「DNP国際ブランドプリペイド決済サービス」をはじめ、クレジットやデビット、プリペイドなどの決済手段や、QR/バーコード・非接触ICなどのインターフェースに対応したスマートフォン向けサービス、決済端末や生体認証などの本人認証サービス、会員管理や加盟店管理、プロセッシング機能、マーケティング機能などをトータルで提供する。
※2 Smart Code:JCBがコード決済事業者と店舗をつなぐ決済情報処理センターの提供や加盟店契約を一本化する決済スキーム。事業者はSmart Codeを導入すると、各店舗との契約締結や導入開発無しに全Smart Code加盟店でのコード決済利用が可能となる。店舗はSmart Code加盟によりSmart Code導入事業者のコード決済が全て取扱い可能になり、設置端末や精算を一本化できる。導入事業者が増えた場合も店舗側での端末のシステム改修や煩雑な手続きをせず、新たなコード決済の取り扱いが可能。また、海外のコード決済を導入する際に必要なシステム対応負荷を軽減できる。

Previous

日本ユニシス、ブロックチェーンによるポストコロナ時代の電子チケット流通サービス「Kimaticke」を提供開始

「真正性」「ライフサイクル」「サプライチェーン」で読み解くIoTセキュリティ動向―サイバートラストオンラインセミナーレポート1

Next