ソニーとマイクロソフト、AIスマートカメラと映像解析を用いた法人向けソリューションの構築に向けて協業

映像解析は、業界全体の法人顧客が、新しい収益機会の発見、運用の合理化、また様々な課題を解決するための手段として登場した。例えば、小売業者はスマートカメラを利用することで欠品商品を棚に補充するタイミングを検出し、レジ待ちの長さに応じて利用可能な最適なレジカウンターの数を検知できる。製造業者は、製造現場で事故が発生する前にリアルタイムに危険を特定することができる。

一方で、店舗や倉庫、配送センター等のサイトに設置される多くのスマートカメラに分散されたデータの収集に依存する従来のアプリケーションでは、コンピューティングリソースの割り当てを最適化するのが困難な上、コストや消費電力の増加が生じてしまう。

ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社(以下、ソニー)とマイクロソフトコーポレーションは、それぞれの顧客がより利用しやすいAIスマートカメラと映像解析を用いたソリューションの構築に向けて協業を開始した。

同協業では、ソニーのインテリジェントビジョンセンサー「IMX500」に、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure AI機能」を組み込むことにより、スマートカメラ等で撮影された映像の有用な情報の抽出を可能にする。また、ソニーはIMX500の機能を補完し、映像解析の範囲や能力を拡張するAzure IoTおよびAzure Cognitive Servicesを用いたスマートカメラの管理アプリを法人顧客向けに開発する。

これら2つのソリューションにより、エッジAI処理を実現するソニーの技術とマイクロソフトが持つクラウドやAIプラットフォームの専門知識を融合し、さまざまな業界の顧客やパートナーに向けて新しい映像解析のソリューションを提供していく。

また、IMX500にパートナー独自のAIモデルを搭載することで、コンピュータービジョンのソリューションが利用しやすくなる。これにより、法人向けに使用するためのよりスマートなカメラと、エッジとクラウド間のリソースのより効率的な割り当てが実現し、コストと消費電力の低減につながる。

Azure上で展開するソニーのスマートカメラ管理アプリは、コンピュータービジョンと映像解析ソリューションを専門とする独立系ソフトウェアベンダー(ISV)と、ハードウェア製品に付加価値を提供することを目指すスマートカメラのOEMを対象としている。IMX500の機能を補完する同アプリは、ISVやOEMがAIモデルをアップデートし、独自の顧客固有の映像解析とコンピュータービジョンのソリューションを構築するための基盤として機能させることで、法人顧客の要求に対応する。

さらに、主要なワークフローを簡素化してデータのプライバシーやセキュリティを保護するために合理的な手段を講じることで、ISVが日常的なプロビジョニング作業に費やす時間を減らし、顧客の要求を満たすための独自のソリューションの構築により多くの時間を費やすことができる。法人顧客においては、映像解析シナリオ向けのAIモデルをより簡単に探し出し、アップデートおよび展開が可能となる。

なお、ソニーとマイクロソフトは、マイクロソフトのAI&IoT Insider Labsプログラムの一環としてコンピュータービジョン・映像解析分野のパートナーや法人顧客との共同イノベーションの実践を促進する。

AI&IoT Insider Labsプログラムは、マイクロソフトの製品部門や研究部門と参加企業が連携して、AIやIoTを活用したソリューションの開発、プロトタイプ、テストなどを支援するプログラムだ。両社は、今年後半にマイクロソフトの共同イノベーション拠点において、一部の顧客を対象に取り組みを開始するとした。

Previous

ソラコム、「SORACOM IoT ストア」にてリモートアクセスや移動管理のための産業用IoTデバイスを提供開始 

セキュアとモルフォ、防犯カメラの映像からイベント広場での混雑状況を判定する映像解析ソフトウェア「Crowd Counting」を導入開始

Next