スクウェア・エニックス、ゲームで培ったAI技術などを活用した「エンタテインメントAI」の研究開発を推進する新会社を設立

株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングスは、同社グループがデジタルエンタテイメント領域で培ってきたAIに関する知識・ノウハウを、ゲーム分野だけでなくエンタテインメント全般の領域で活用できる「エンタテインメントAI」として研究開発・事業推進することを目的とした新株式会社「スクウェア・エニックス・AI&アーツ・アルケミー」を2020年3月2日に設立した。

スクウェア・エニックス・AI&アーツ・アルケミーは、スクウェア・エニックス・ホールディングスの培ったAI技術やCG技術、アートを組み合わせた製品の研究開発・事業推進を行うほか、他のエンタテインメント企業との連携も視野に入れた新たな事業分野を創出することを目的に始動していく。

Previous

三菱電機、機器の知見や技術資産を一元化した統合IoT「ClariSense」を展開開始

FRONTEOと日本マイクロソフトが連携、自然言語処理AI「KIBIT」製品をMicrosoft Azure上で提供開始

Next