ソフトバンク、NVIDIAのクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」を提供開始

ソフトバンク株式会社は、5G時代のエンタメ配信サービス「5G LAB」の「GAME SQUARE」カテゴリーにおいて、クラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」の正式サービスの提供を2020年6月10日より開始する。

同サービスは、NVIDIA Corporationのクラウドゲーミングサービスの日本版で、キャリアを問わずに利用できる。ゲームをプレイする時に発生する高い負荷がかかるデータ処理をサーバー側で行った上でストリーミング配信するため、高負荷な処理ができないパソコンやタブレット、スマートフォンなどデバイスの種類を問わずに、ゲームがいつでもどこでもプレイできる。

同サービスの利用料金は月額1800円(税抜)で、本登録完了日から14日間は無料で利用できる。なお、8月1日以降に本登録を完了した場合に適応され、それ以前に本登録を完了した場合には最大61日間無料になるキャンペーンが別途適用される。

ソフトバンク、NVIDIAのクラウドゲーミングサービス「GeForce NOW Powered by SoftBank」を提供開始
利用までの流れ
Previous

ソニー、IoTブロック「MESH」を活用した小学校向けプログラミング教育ガイドブックを提供開始

TISが「データ統合・利活用プラットフォームサービス」に3つの新機能を追加、潜在顧客セグメントを可視化を実現

Next