マクニカ、AIを活用して店舗の混雑状況を可視化するソリューション「AWL BOX Mini」を販売開始

WHOの発表によると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は6月8日現在全世界で693万人が罹患し、今なお世界中で猛威を振るっている。日本国内においても、政府により全国的な緊急事態宣言が解除されたものの、地域ごとに異なる感染状況の中で新しい生活様式等急速な社会構造の変化が求められている。店舗経営に於いても、同様に行動・価値変容を捉え、急速な変化に対応していかなければならない。

新型コロナウイルス感染症対策には「3密(密閉、密集、密接)の回避」「マスクの確認」及びそれを違反した場合の「アラート、注意喚起」を実施していくことが重要だと言われており、今後店舗営業を行う上でも如何に来店されるお客の3密を回避し、安全安心な店舗営業をしていくが重要な課題となる。

株式会社マクニカ アルティマ カンパニーは、リテール向けAIカメラソリューションを提供するAWL株式会社が提供する新型コロナウイルス感染症対策機能搭載のワンストップソリューション「AWL BOX Mini」の販売を開始する。

AWL BOX Miniは、手のひらサイズの小型サーバーに3台のカメラ映像を入力し、同時にAI解析することができる。ユーザーは、サーバーに既存のカメラを接続するだけで、簡単に店舗内の混雑状況の把握・お客間のソーシャルディスタンスの状況を可視化することができる。また、初期導入に大規模な工事も不要であるため、安価で容易に導入できる。

さらに、AWL Cloudを活用することにより、店舗入り口に設置したサイネージやホームページ上にリアルタイムで混雑状況を表示することができ、お客の来店時間の分散化に貢献する。

マクニカ、AIを活用して店舗の混雑状況を可視化するソリューション「AWL BOX Mini」を販売開始
実証実験画像
Previous

日立、企業のグローバルIoTビジネスの展開を支援するサブスクリプション型IoT活用サービスを提供開始

ドクターズとエンブレース、心電図データを遠隔解析して脳卒中を予防する「IoT遠隔心房細動検知サービスFind Af」を提供開始

Next