スマートドライブとモノフル、運行計画からの遅延をリアルタイムで可視化・通知する「着タイム」を共同開発

モビリティデータを活用したサービスを提供する株式会社スマートドライブとロジスティクス・エコシステムを推進する株式会社モノフルは、運行計画からの遅延をリアルタイムで可視化・通知する機能「着タイム」を共同開発し、新たなサービスとして提供開始する。

「着タイム」は、リアルタイムに車両の現在地を把握して到着予定時刻を算出し、配車計画に対する遅延情報および到着予定時刻を担当者にメールで通知するサービスである。これまでは、遅延が発生するとドライバーと運送会社、荷受け側との間で電話連絡を取り合う必要があったが、新サービスにより自動で遅延が通知されることで、荷受け側が時間を有効活用できることに加え、運行計画の適宜変更によってスムーズな輸送が可能となる。

また、今回新たに提供開始する「着タイム」と、スマートドライブが提供する、車両の管理や稼働率の分析など車両を使った事業活動の効率化を促進する「SmartDrive Fleet」や「Mobility Data Analytics」を連携させることによって、配車計画・動態管理/遅延通知・実績管理・配車の最適化まで、物流におけるPDCAサイクルをワンストップで行えるようになり、物流業界向けにロジスティクス最適化ソリューションの提供が可能となった。

Previous

ウェザーニューズが1kmメッシュ体感予報APIの提供開始、商品需要や興味関心を予測しマーケティングを支援

アクセルマークとMomo、IoTセンサーを用いた積雪深自動モニタリングシステムの自治体向け商用サービスを開始

Next