シャープ、製品や荷物を無人で搬送する自動搬送装置「AGV」の新開発モデルを受注開始

シャープ株式会社は、物流倉庫や製造工場などで製品や荷物を無人で搬送する自動搬送装置「AGV」の新開発モデル<TYPE LC>の受注開始し、容易にコース設定できる専用ソフトウェア「Easy Course Editor」とセットで提供する。

同機は、あらかじめ磁気テープで設定した軌道上を走行する。軌道上に設置した制御カードの情報を読み取ることで、前進やターン、停止などの走行動作を行うことができる。ハンドリフトや6輪台車、カゴ車などを引っ張って搬送するほか、専用の台車に潜り込み、自動連結して牽引も可能だ。搬送能力をアップする高出力モーターのほか、自動充電ユニット、後進動作が可能となる後進ユニットなどのオプションにより、使用方法や導入場所に合わせてカスタマイズできる。

また、Easy Course Editorにより、同梱のタブレット端末からシンプルなタッチ操作で容易にコース設定が可能となる。最大64通りのコースを登録できるので、作業内容に応じた柔軟な運用が可能だ。さらに、初めて利用する際にも容易に導入・運用できるサポートプランも用意されている。コース設計や磁気テープの施工、導入後のコース変更など要望に応じて対応するとしている。加えて、最長5年までの保証延長パックも有償で提供する。

シャープ、製品や荷物を無人で搬送する自動搬送装置「AGV」の新開発モデルを受注開始
専用ソフトウェア「Easy Course Editor」操作画面(イメージ)
Previous

MoT・ドコモ・東京センチュリー・電通、スマートシティにおけるモビリティサービスの実現に向けて資本業務提携

IDC、DXを支える「デジタル人材」は技術的スキルよりもコミュニケーションスキルや企画力を重要視すると発表

Next