トレッタキャッツ、スマートねこトイレ「toletta」を活用した全国の動物病院向け連携プログラムを提供開始

ねこがトイレに入ると体重・尿量などの健康指標を自動計測するスマートトイレ「toletta」を手掛ける株式会社トレッタキャッツは、全国の動物病院向け連携プログラム「トレッタVets」を提供開始した。

同プログラムでは、全国の動物病院向けに以下を実施する。​

  • tolettaを利用しているねこの全体データレポートを提供する。
  • tolettaのユーザー向けページ、公式サイト等で病院を紹介する。
  • 病院から患者へtolettaを紹介した際は、トレッタキャッツより紹介料を支給する。
  • ねこの腎泌尿器疾患に関する共同研究に参画できる。

全国に1万件以上ある動物病院から患者へのtoletta利用促進により、tolettaのユーザー数拡大を目指す。また、全国の動物病院のカルテデータ(病名、治療内容、検査結果)とtolettaが測定する尿量、尿回数、体重等のデータを結合し、腎泌尿器疾患に関する大規模なデータプラットフォームを構築する。さらに、腎泌尿器疾患の治療評価アルゴリズムを確立し、ねこが健康で長生きできる社会作りを目指す。

Previous

NEC・ドコモ・SOMPOホールディングス、介護施設における課題解決に向けた5G実証試験を実施

パナソニックホームズ、IoT賃貸住宅「YOUR MAISON」のテレワークプランを提供開始

Next