INDUSTRIAL-X、DX実現のための経営資源調達をワンストップで支援する「Resource Cloud」を提供開始

企業:

近年、様々な企業がDXを推進している。しかし、日本・米国・シンガポールで行った、DXに取り組む企業の割合調査によると、米国やシンガポールにおけるDXの取り組みはいずれも85%を超えているにもかかわらず、日本企業では30.7%にとどまっている状況だ。

また、株式会社INDUSTRIAL-Xが2020年6月に発表した調査によると、「人員・予算の確保」「事例や導入ノウハウ等の情報収集」「導入機器の選定」「セキュリティ対策」など、企業のDX推進にはさまざまな課題があることが明らかとなった。

そこで、INDUSTRIAL-XはDXを実現するための様々な経営リソースの調達をワンストップで支援する「Resource Cloudの提供を開始した。

Resource Cloudは、DXを実現するための様々な商材(リソース)を、度々対面接触することなくワンストップかつオンラインでの調達を可能とするサービスある。経営アドバイスから変革に必要なDXソリューションや人材をオンライン月額課金のサービスとして提供する。

Resource Cloudを用いることで、DX推進に必要な機器やソフトウェア、知識やノウハウを持った人員、コンサルティング支援などのさまざまなリソースをオンラインかつワンストップで調達できる。将来的にはサイト内でDX推進企業とそれを支援する企業とのマッチング機能などの拡充も予定している。

また、Resource Cloudの開始に伴い、様々な企業とDXを支援するためのパートナープログラム「INDUSTRIAL-X パートナーズ」を組成した。パートナー企業が持つDX推進に役立つリソースをINDUSTRIAL-Xが目利き・選定し、Resource Cloud上に掲載する。INDUSTRIAL-Xが、DX支援実績のある様々なリソースを持つ企業と連携することで、DXを目指す多くの企業が抱える課題を解決できる、包括的なサービスの提供を目指す。

Previous

先を読む力と変化に対応する力を持つサプライチェーン・ロジスティクスを作る ージェムコ日本経営 栗栖氏

ウェザーニューズ、15時間先までの雨雲の動きを250mメッシュ/10分間隔で確認できる新雨雲レーダーを提供開始

Next