ALES、補正情報をリアルタイムで配信する「センチメートル級測位サービス」を個人向けに提供開始

ソフトバンク株式会社の子会社で位置補正情報の生成・配信事業を行うALES株式会社は、個人客向けに誤差数センチメートルの測位をするための補正情報をリアルタイムで配信する「センチメートル級測位サービス」の提供を開始した。

同サービスは、ソフトバンクの独自基準点(固定局)が受信した信号などを基に、「ALES配信システム」で補正情報を生成し、利用者のGNSS(※1)受信機(移動局)へインターネット経由(Ntrip方式(※2))で補正情報を配信するサービスである。農業用トラクターをはじめとする農業機械の自動運転や運転アシスト、農薬散布のためのドローンの自動航行などでの活用を想定している。

補正情報と、GNSS受信機が受信した信号を活用してRTK測位(※3)を行うことで、誤差数センチメートルの測位が可能になる。また、ソフトバンクの独自基準点は全国3,300カ所以上に設置されているため、利用者自身で基準点を設置する必要がなく手軽に補正情報を受信することができる。さらに、年額3万6,000円(税抜)で提供するため、RTK測位を初めて導入する際でも気軽に利用できる。

サービスの利用手順は以下の通り。

  1. RTK測位対応のGNSSアンテナやGNSS受信機など、補正情報を利用するために必要な機材を農業機械やドローンなどの測位を行いたい機器に設置(または、これらが搭載された機器を用意)し、各機材の電源を入れる。
  2. スマートフォンやパソコンまたは機材付属のコントローラーからNtripクライアントアプリケーションを操作し、各機材と連携する。
  3. Ntripクライアントアプリケーションで「ALES配信システム」と接続するための設定を行い、各機材がインターネットに接続されていることを確認したら準備完了となる。
  4. 以降は、GNSSアンテナで受信したGNSS信号のデータがアプリケーションを通して「ALES配信システム」へ自動で送信される。そのデータと独自基準点が受信した信号を基に、ALES配信システムが補正情報を生成してGNSS受信機に配信するため、RTK測位が可能となる。

※1 GNSS(Global Navigation Satellite System):QZSS(準天頂衛星システム)やGPS、GLONASS、Galileo、Beidouなどの衛星測位システムの総称。
※2 Ntrip(Networked Transport of RTCM via Internet Protocol):補正情報などのデータをインターネット経由で送受信するための通信プロトコルの1つ。
※3 RTK(Real Time Kinematic)測位:固定局と移動局の2つの受信機を利用し、リアルタイムに2点間で情報をやりとりすることで、高精度での測位を可能にする手法のこと。

Previous

ジェイテクト、羽田空港地域における自動運転の実証実験を実施

長野県伊那市で、自治体初のドローン配送事業開始

Next