長野県伊那市で、自治体初のドローン配送事業開始

長野県伊那市と、KDDI株式会社は、「ゆうあいマーケット」を、伊那ケーブルテレビジョン株式会社と2020年8月5日から開始する。

少子高齢化に伴う買い物困難者が増加する中、食料品などの日用品をケーブルテレビのリモコンで手軽に注文しドローンによる当日配送を実現することで、買い物困難者を支援するとともに、買物支援の担い手不足などの地域課題解決を図っていくという。

自治体が運営主体となってドローン配送事業の本格運用を開始するのは、日本で初めての取り組み。(伊那市調べ)

長野県伊那市で、ドローン配送事業開始

配送用ドローンは、KDDIのモバイル通信ネットワークに対応し、目視外自律飛行、遠隔監視制御が可能なスマートドローン。

日用品など最大5kgまで積載し約7km離れた地点までの配送を行うことができる。

解説動画

詳しい内容は以下の動画で紹介している。

Previous

ALES、補正情報をリアルタイムで配信する「センチメートル級測位サービス」を個人向けに提供開始

「既読スルー」よりひどい仕打ち?「未読スルー」

Next