シュナイダーエレクトリックとコネクシオ、ワンストップで製造装置のクラウド接続・遠隔監視を提供するソリューションを開発

ニューノーマルを見据えた社会環境の変化に伴い、製造現場でも接触機会を減らす活動の一環としてリモート監視などの導入が叫ばれ、クラウド接続のニーズは今までにないほど高まっている。一方で、装置メーカーにとってはコストの問題や設定の複雑さからクラウド化に多くのハードルがあるのが現状である。また、既に出荷済みの装置の場合、制御プログラムの書き換えや性能テスト、複雑な通信設定などの問題があり、クラウド化の障害になっている。

シュナイダーエレクトリックとコネクシオ株式会社は、ワンストップで製造装置のクラウド接続・遠隔監視を提供するソリューション「Air Connect for Machine Advisor」を開発し、2020年8月24日より発売する。
シュナイダーエレクトリックとコネクシオ、ワンストップで製造装置のクラウド接続・遠隔監視を提供するソリューションを開発
同ソリューションは、4Gルーター・4G通信(SIM)契約・クラウドプラットフォームをワンストップで提供するソリューションである。コネクシオのエッジコンピューティングゲートウェイ「CONEXIOBlackBear」を新たに開発した専用の設定ツールやクラウドプラットフォームと組み合わせ、必要なデータだけを簡単にクラウドに上げることができる。

導入の際は、クラウド上で監視したい装置データのアドレス、データ収集の周期、クラウド上の表記名等を定義するCSVファイルでを用意し、このファイルをセットアップツール「Air Connect 設定ツール」に読み込むことで、複雑な通信設定やクラウド設定なしにプログラムレスの遠隔監視ソリューションが実現する。
シュナイダーエレクトリックとコネクシオ、ワンストップで製造装置のクラウド接続・遠隔監視を提供するソリューションを開発
また、4Gルーター・4G通信(SIM)契約・クラウドプラットフォームの全てをシュナイダーエレクトリックが一元提供するため、接続や契約に関する問い合わせについても一括してシュナイダーエレクトリックからのトータルサポートが可能であり、SIM契約も含めた年間費用一括での購入(前払い)にも対応している。また、同ソリューションは輸出用装置にも展開可能なため、海外拠点の装置監視も早期に実現可能だ。

なお、クラウド監視ソリューションを使用しない「Air Connect」単体(4Gルーター+4G-SIM契約)での購入も可能である。多機能な4Gルーターとして、利用者が用意したクラウドシステムやPro-face Remote HMIやPro-face Connect等、様々な遠隔監視ソリューションに活用できる。また、通信(SIM)契約やデータ量によりプランのカスタマイズにも対応するとした。

Previous

ソニー、デュアルバンド測位で9mWの消費電力を実現するIoT・ウェアラブル機器向けGNSS受信LSIを商品化

サイバーリンク、マスク検知・顔認証・体温測定に対応した顔認識ソリューション「FaceMe Health」を発表

Next