ソフトバンク・双葉電子・東京工業大学、ドローン無線中継システムを用いた遭難者などの位置特定の実証実験に成功

ソフトバンク株式会社と双葉電子工業株式会社(以下、双葉電子)、国立大学法人東京工業大学は、遭難事故や災害の発生時に携帯電話機の位置情報を活用して遭難者や行方不明者の位置特定を行うことを目的として「ドローン無線中継システムを用いた遭難者位置特定システム」を共同開発した。

また、千葉県市原市勝間にある双葉電子勝間ラジコン飛行場において同システムを使用し、約70キロメートル離れた遠隔地からのドローンの手動操縦、GPS受信機能が搭載された携帯電話機の位置を特定する実験に成功した。なお、同実験では、総務省関東総合通信局から同システムを用いてフィールド実証評価を行うための実験試験局の免許を取得している。

同システムには、ソフトバンクと東京工業大学が共同開発した、遠隔地から目視外での手動操縦を可能とする「ケータイドローン飛行制御システム」を搭載している。

従来のシステムでは目視内での遭難者の位置特定しかできなかったが、同システムはモバイルネットワークを介して遠隔地にいる操縦者が中継映像を見ながら手動操縦することが可能となる。加えて、遠隔操縦と現地での目視による手動操縦を切り替えることや、遠隔操縦中に自律飛行と手動操縦の切り替えも行えるなど、捜索のためのより柔軟なドローンの運用を実現する。

これまでは、雪山での遭難時の雪中に埋まった携帯電話機の位置特定を想定していたが、同システムでは山岳地域や市街地における地震などの災害時の携帯電話機の位置特定も想定している。手動操縦で捜索対象に対して可能な限り接近して電波を発射することで、電波が届きにくい土砂やコンクリート塊などに埋まった携帯電話機の位置特定も可能だ。また、従来と同様に非再生周波数変換リピーターを用いており、無線周波数や送信電力などの無線仕様は同じである。

さらに、ドローンの飛行時間を延ばして捜索できる時間を長くするために、ソフトバンクと東京工業大学はドローンに搭載する無線中継装置(子機)の軽量化と低消費電力化を行い、双葉電子は子機を搭載するドローンの小型・軽量化に加え、東京工業大学、ソフトバンクと協議して耐風性に優れた機体および飛行制御システムを開発している。このドローンは、秒速15メートルの強風下でも子機を搭載して安定して飛行することができる。
ソフトバンクと双葉電子、ドローン無線中継システムを用いた遭難者などの位置特定の実証実験に成功

ソフトバンクと双葉電子、ドローン無線中継システムを用いた遭難者などの位置特定の実証実験に成功

【関連記事】
ソフトバンクと東京工業大学、モバイルネットワークを利用して遠隔地から手動で操縦可能な 「ケータイドローン飛行制御システム」を開発

Previous

IIJ、産業機械や工場設備をIoT化する「IIJ産業IoTセキュアリモートマネジメント」を提供開始

IoT人気記事ランキング|ミスミが中小製造業への支援策発表など[8/24-8/30]

Next