ソフトバンクと東京工業大学、モバイルネットワークを利用して遠隔地から手動で操縦可能な 「ケータイドローン飛行制御システム」を開発

Wi-Fiなどの特定無線(※)を介して手動操縦を行う場合、最大飛行距離は使用する特定無線の性能によるが、数キロメートル程度に限られている。また、自律飛行操縦の場合、あらかじめ飛行ルートを設定するため、飛行途中にルートを変えるなどの柔軟な対応が困難である。ソフトバンクと東京工業大学、モバイルネットワークを利用して遠隔地から手動で操縦可能な 「ケータイドローン飛行制御システム」を開発

そのような中、ソフトバンク株式会社と国立大学法人東京工業大学は、災害時における救助・救援活動などでの活用を目指し、モバイルネットワークを利用して遠隔地から操縦機(プロポ)によるドローンの手動操縦を可能にする「ケータイドローン飛行制御システム」を共同開発し、2019年12月16日に国土交通省から目視外飛行の許可を得て、実証実験を実施した。

同システムは、モバイルネットワークで遠隔地からドローンの手動操縦ができ、さらに飛行ルートをあらかじめ設定した自律飛行と、ドローンが離着陸する現地の操縦者による目視内の手動操縦へ切り替えることができるシステムである。

同システムは、ソフトバンクが、東京工業大学の藤井 輝也研究室と共同で開発したもので、ドローンと操縦機(プロポ)の双方にLTE対応の通信モジュールを搭載して、広範なエリアをカバーできるモバイルネットワークを介した遠隔操作を可能にするとともに、ドローンからの視界の映像を操縦者に中継することで目視外での手動操縦を可能とした。

また、モバイルネットワークを介して遠隔地にいる操縦者が映像を見ながら操縦機(プロポ)を操作して手動操縦をすることができるため、突発的事象への対応が可能になる。これにより災害時の遭難者捜索時などで、離れた場所からドローンを手動操縦して、救助・救援活動を行うなどの活用が期待できる。

さらに、同システムは自律飛行と手動操縦を切り替えられるだけでなく、モバイルネットワークと特定無線の切り替えも可能だ。例えば高度な飛行制御が必要となる離陸や着陸の場合や、現場の急な天候の変化が発生した場合、自律飛行や遠隔操縦からの目視による手動操縦への切り替えや、電波状況を考慮した通信手段の変更が可能となるので、操縦の安全性が確保できる。

今回、東京都江東区青海にいる操縦者が、約70キロメートル離れた千葉県長生村にあるドローンを飛行させる実証実験を実施し、モバイルネットワークを利用して遠隔地から目視外での手動操縦や、自律飛行および遠隔地からの手動操縦から現地の目視内の手動操縦への切り替えに成功した。

今後、同システムを活用してドローン無線中継システムの実用化を目指す。

※ アンライセンスバンドで、特殊な目的のための通信システム。

Previous

KDDI、GPS位置情報データを活用して年末年始の神社等の混雑状況を予測

ソフトバンク、子どもの見守りや大切な物の位置検索がスマートフォンで確認できる「どこかなGPS」を発売

Next